Sponsored Links

淡路島のいいところ、ぜーんぶ

淡路サービスエリアについては、下の記事で紹介した。

淡路島SA(下り編)ー愛犬と一緒に「大観覧車」で世界最大吊り橋を眺めるんだワン

でも、本当にお伝えしたいのは、淡路SAの上りからも下りからも高速道路を降りずに、連絡道路で直結している「淡路ハイウェイオアシス」

ここは、ワンコ連れには、いや犬連れでなくても、淡路島の入り口としてぜひ立ち寄っていただきたい場所。

下手すると、このハイウェイオアシスだけで一日楽しめてしまう。わたしたち家族の大阪からのお気に入りハイキングコース。

 

淡路島公園を散策

実のところ、淡路SAから直接アクセスできるハイウェイオアシスは、「淡路島公園」の一部なのだ。ちなみに淡路島公園には国道28号と県道157号線からもアクセス可能で、無料の駐車場有りだから、

実質「無料」

で遊べるというお得さ。

公園中を巡ると10km弱。その中には「花の島」にふさわしい様々な木や草花がテーマになった1~2km程度の各ルートが設定されている。全部を巡ることが難しくても、ドライブや旅行の途中の気分転換に立ち寄るだけでももちろんOK。

 

 

「ハイウェイオアシス」からスタートする一巡りのコースがこちら。お弁当やおやつを持って半日ハイキングに出かけよう。

 

今までもいろいろなお花イベントが開催されている。HPでチェックして、見ごろの時期に出かけると楽しさも増大。

1月:スイセン
3月:桜
6~7月:アジサイ

愛犬も一緒!

淡路SAもハイウェイオアシスも淡路島公園も、ドッグランを除けばノーリードはNGだけど、犬が入るのはOK。

ハイウェイオアシスに到着して、最初に飛び込んでくるのが*「アトリウム」。明石海峡大橋を眼前に臨む吹き抜けのガラス張りの建物に、雄大な景色が映り込んで、思わず開放的な気分に。

*ガラスやアクリルパネルなど光を通す材質の屋根で覆われた大規模な空間のこと

 

淡路ハイウェイオアシス

 

アトリウム横に立ち並ぶ並木道からわれらのお散歩もスタート。

 

 

ゆっくりドライブしている間に、時間もおしてしまって先を急ぐ身。本日のところは、ハイキングはあきらめて、どこを散歩しようかな。

 

 

向こう側へわたる石の道。川は流れていないのに、足がすくんで渡れないじゃないか。

 

 

約50,000m2の大きな芝生広場。平日の昼間で広大な広場が貸切状態。中・大型犬でもロングリードで大満足のはず。

 

 

日が落ち始めた夕刻。新鮮な木々の空気を吸い込みながら、夕焼けに浮かぶ明石海峡大橋の絶景を眺める。

明石海峡大橋のライトアップも見逃せない。5分毎と30分毎の時報パターンで、虹色の光が変化するのをご存知? 季節ごとに誕生石に合わせて色も変わるし、季節のイベント時にはさらに華やかに彩られる。何十、何百ものパターンが存在するのだ。

平日:日没~23:00
土日:日没~24:00

彼女や奥様の誕生日に海峡大橋のライトアップをプレゼントするのはいかがかしら?

 

花より団子

花もいいのだが、こちらのSA、本当に美味しいものが多いっ。

 

まずは「あわじ玉ねぎスープ」。淡路島産玉ねぎスープの素をお湯に溶かせて、フライドオニオンをかけるだけで絶品スープ。無料で試飲できるからともかく飲んでみてほしい。こちらのスープと「あわじ玉ねぎドレッシング」は、玉ねぎに敬意を表してマストのお土産。

 

 

小腹が空いたら、淡路玉ねぎラーメン(780円)と、淡路牛コロッケ(200円)。

 

 

ワンコが車で待ってるからね、ファストフードも満足の淡路SAということで。

 

淡路島公園の詳細レポは次回に・・・

Sponsored Links