Sponsored Links

 

 

上の記事で紹介したように、ボブテイルシュウの大阪店で、世界一大きい犬や、いろんな珍しいワンコやニャンコと触れあった。

岡山でも可愛いワンコたち、特にナノプードルに会えると聞いて、今度ははるばる岡山店までやってきた。





 

日本ではなかなか見ることができない海外からの直輸入犬や猫、ボブテイルシュウのオリジナル犬たち。はたして会えるかな~。

 

ナノプードルって?

おとんおとん

ところで、ナノプードルってどんなプードルなん?

実は、ベルギーに本拠を置く犬籍管理団体(FCI)と一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が正式に定めているプードルの種類は次の4つ。

  1. スタンダード・プードル:体高45~60cm、体重15~19kg
  2. ミディアム・プードル: 体高35~45cm、体重8kg~15kg
  3. ミニチュア・プードル: 体高28~35cm、体重5kg~8kg
  4. トイ・プードル: 体高26~28cm、体重3kg前後

「ティーカッププードル」、「ナノプードル」、「ナノサイズ」、「マイクロサイズ」などは公式の名称ではなく、ブリーダーや業者などが個々に名付けたものなのだ。

ティーカップ・プードル:体高約23cm以下 体重2kg以下
ナノ・プードル:体高約20cm以下

という名称とサイズが一般的に広まっている。たいていは、ティーカップの中でも特に小さな子をナノ・プードルと呼んでいるようだ。

ナノ(ティーカップ)プードルの選び方

おかんおかん

ティーカップと言われてお迎えした後、どんどん成長してトイプードルになっちゃった・・・、って話、たまに聞くよね

本当、ティーカップだけでなく、トイプードルでも、体重を正確に予測するのは難しく、予想と違った成長を見せるケースもままある。でも、トイプードルの両親からティーカッププードルが生まれることは稀なのだ。

劣悪なペットショップや販売業者の場合、生後間もなくから母犬と切り離し、離乳食も最小限に抑えて、いわゆる「未熟児」の状態で市場に出したり、さらには、順調な成長が望めない「先天性の病気」を抱えたまま販売したりすることさえあるという。

未熟児や、無理なブリーディング(交配)による不健康な子ではなく、母犬からの栄養分の高い母乳を飲んで育ち、しっかりご飯を食べて、生後2ヶ月くらいまで母親や兄弟姉妹犬など他の犬とも遊んで社会性を身につけた元気な子を選ぶことが必要となってくる。、

どうしてもちっちゃなティーカップ(ナノ)プードルを迎えたいと思う方の気持ちもわかる。失敗しないティーカッププードルの選び方のポイントを挙げてみよう。

両親を確認できること

親犬の大きさや毛量や毛艶などがきちんと確認できるブリーダーを選ぶのが安全。同じ両親から産まれた兄弟姉妹のサイズを確認する。

両親および子犬の体重だけで判断しないこと

父親は2.0kg未満の小型サイズ、母親も2.0kg未満、もしくは安産のために2.0kg以上のサイズが選ばれることが多い。ただし、遺伝のために普通のトイプードルサイズになることもある。

体型を確認すること

世界最小の犬のチワワに近いほど小さなティーカッププードル。わずかな段差から落ちただけで骨折することもある。骨格がしっかりしていて、あまりに細すぎる子は避ける。

毛量を確認すること

プードルの魅力はモコモコの豊富な毛量。毛量があればスタイリングにも幅が出る。毛の量が豊富で地肌が透けて見えるようなことがない子を選びたい。未熟児の場合は地肌が見えるほどの薄毛で、艶もない。

健康状態を確認すること

活力に満ちていて、元気に走り回っている。目や肛門、鼻などもチェック。

月齢を確認すること

生後6か月ほどになれば、ほぼ体重が安定してナノ/ティーカップで納まるかどうかが分かるため、サイズにこだわりたいときは6か月以降の子を求めるのが確実だろう。でも、たいていの場合、生後2~4か月で家族が決まってしまうから、ブリーダーさんの経験値とも合わせて、上の情報と共に判断したい。

逆に、生後2か月以内で引き渡そうとする業者には要注意。

ボブテイルシュウブランド「ナノプードル」

 

「ボブテイルシュウ岡山店」アメーバブログより

 

ボブテイルシュウのナノプードルは、上の図のとおり、アメリカで7代続いたティーカッププードルが基礎の犬となって生まれた子たち。

こうした希少な犬なので、年間に産まれる犬の数も少なく、お目にかかれるチャンスも少ない。

今回は、その中の1匹とご対面。

 

 

正真正銘、極小ナノプードルだけど、意外にもずっしりとした骨量を感じる短め脚のカワイ子ちゃん。毛量もこんなふうにフサフサ。

ブラック/シルバー好きのわたしは、その場で連れて帰りたくなって困った。

こんな子たちもいたよ!

うって変わって、看板犬の「アラスカン・クリーカイ」。美形だわ・・・。

 

「世界一背の高い犬」-アイリッシュウルフハウンドの子犬。

 

 

成長したらこうなるのだ。

 

 

ただいま、2匹目ワンコをお迎えしたい気持ちがむくむくと高まっている。

プードルももちろん大好きだけど、どの犬種も魅力的で悩ましい日々が続く。ビビビと来る子と運命的に出会いたいな。

 

 

Sponsored Links