スポンサーリンク

彩都ってどこ?

「彩都(さいと)」という街をご存じだろうか。彩都の正式名称は「国際文化公園都市」、大阪北部の茨木市と箕面市の山間部に開発中のニュータウン。

教育施設だけでなく、「バイオメディカル特区」として先端医療の研究施設や製薬会社も進出している。巨大マンションや新築の一戸建て住宅も増え続け、造成中の土地もここかしこに。

つまり、何もかもが新しくて、フレッシュな街なのだ。

彩都なないろ公園とは

この彩都の中に、広さ2.6ヘクタールの「彩都なないろ公園」がある。

  • 住所:箕面市彩都粟生北2丁目
  • 施設:展望広場、芝生広場、遊びの丘、多目的広場、生きもの池、ドッグラン、桜の並木道
  • アクセス:大阪モノレール「彩都西」駅下車、西へ徒歩18分。箕面市立彩都の丘学園横。
  • 駐車場:(無料、20台分)

*公園横の駐車場は20台だけで、満車の場合は、先に進めば100台超の北駐車場(無料)が設けられている。

平日であれば大抵の時間大丈夫だが、土日は20台の駐車場がすぐに満杯となってしまう。

そして公園も駐車場も立入可能な時間は

19:00時までで、その後、駐車場は閉門される

のでくれぐれも注意!

 

 

彩都なないろ公園駐車場
駐車場横の公園入口

公園内のドッグラン

なないろ公園のドッグランは、箕面市の市民以外も無料で自由に使用できる。

そのうわさを聞きつけてプチドライブ。

月曜日の北風吹きすさぶお昼過ぎ。DOG RUNの利用者はわたしたち含め2匹。ちょっと淋しいけど貸切状態で思いっきり自由に走り回れる。

ドッグランは、

  • 大エリア:470平方メートル
  • 小エリア:100平方メートル

の2か所に分けられていて、一応、小エリアが「小型犬用」、大エリアが「中型・大型犬用」と区分けされている。

 

大型・中型犬エリア

 

しかし、箕面市のHPでは、

※どちらのエリアも大型犬、小型犬問わずご利用いただけます。

スポンサーリンク

と記載されている。大型犬が走り回っていて危険な場合でなければ、小型犬も大エリアを利用してよさそうだ。

ちなみに、こちらが小型犬エリア。

 

小型犬エリア

 

 

ご覧のように、小大エリア共に平面部分と斜面部分が設けられており、小型犬エリアはかなり面積が狭いので斜面が大半を占める。

これは運動量を増やすためだろうが、小型犬には少し厳しい急斜面に思える。

地面は芝面ではなく、ウッドチップ等も敷かれていないので、雨上がりであればドロドロになる可能性あり。なるべくお天気の日に利用するのがよいだろう。

散歩コースもGOOD!

ドッグランが併設されているが、2.6ヘクタールの公園は、リード有りの散歩だけでも十分に楽しい。

実はこの公園は、彩都の丘学園の子供たちが実際にこの場所を訪れ、皆でアイデアを出し合ってできあがったものらしい。遊具の種類や配置も子供たちが考えたのだという。

 

「幼児も楽しく遊べる」「小・中学生が体力向上できる」「高齢者がゆったりと楽しめる」

 

ことをコンセプトに、いろいろな世代に合わせてデザインされている。

確かに幼児がパパやママが遊ぶのもぴったりだし、眺望の良さは放課後のデートコースとしてもふさわしい。われわれのような中年夫婦も足腰が鍛えられる(笑)。

 

なないろ公園の遊具

 

最もお勧めしたいのが、大阪平野が一望できる大パノラマ展望広場だ。180度超に広がる視界が素晴らしい。

 

彩都ドッグラン
パノラマ展望台

 

ドッグランを真下に見下ろせる、展望広場と同じくらいの高度から撮した動画もご参考に。

こんな景色が見られるお散歩が毎日できたら素敵だな。



TVでもしばしば話題にされる関西初登場のダブルフリーフォールのすべり台

斜度80度は大人でも怖い!

 

ダブルフリーフォールのすべり台

 

こちらを滑って、なないろ公園散歩は終了。

みなさまも家族+ワンコで休日を過ごしに是非訪れてほしい。

 

スポンサーリンク