ペットのフィラリア予防薬やノミマダ二駆除薬などをお得に購入できるサイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ ジェネリック医薬品もたくさんそろってます。       ペットくすり                                                                                    

日々のお手入れを習慣にしよう

おかんおかん

トイプードルの最大の魅力って何だろう。

賢くて人懐っこいこと--それもそうだけど...

何といっても、あのクルクルでフワフワの巻毛だよね。

トイプードルは抜け毛が少ないから、お掃除の手間があまりかからない。そこが、面倒くさがりなわたし(笑)にとってはとっても助かる。毛によるアレルギーが出にくいということでプードルを選ぶ人も多い。

その代わり、1月~1月半に1度のトリミングが必須になってくるのがお財布には少々イタい(>_<)。2か月くらい放っておくとこんな状態に↓。

それでも、かわいいカットスタイルを考えるのは楽しみの1つ! ただし、ワンちゃんの健康のためにも、サロンに通う他に毎日のお手入れが必須。

ブラッシングを毎日の習慣にして、可愛い姿を維持してあげよう。このブラッシングをさぼると、すぐに現れるのが「毛玉」だ。

毛玉ができると厄介

毛玉ができるとこんなことに

プードルの毛は細くて柔らかいためにすぐに毛玉ができてしまう。最初は小さな結び目くらいの毛玉でも、放置しておくと固まって大きくなり、絡まったままでフェルトのようになってしまう。

そして、毛玉ができたままシャンプーをすると、濡れた毛が固まってますます手が付けられない状態に! 

無理やり解かそうと引っ張ると、痛いうえに炎症を起こす危険性もある。毛玉ができたときは少しずつスリッカーでほぐし、次に目の粗いコームでほぐすことを繰り返す。

 

最悪の場合、あきらめて毛玉の部分をカットしなくてはいけない。

毛玉になりやすいところは?

特に毛玉になりやすいのが次の個所。

  • 耳の下
  • 脇の下
  • お尻
  • 内股
  • お腹
  • しっぽのつけ根
おかんおかん

もうほぼ全身じゃない?(笑)

我が家のノンは、ツインテール風に耳の毛を長めに伸ばしているせいか、耳の裏あたりができやすいかな。

耳をチェック

お手入れに準備するもの

準備するものは次の3つ。

  1. スリッカー
  2. コーム
  3. ブラッシングスプレー

スプレーを使用せずに、ブラッシング(コーミング)を行う人もいるが、スプレーは必須。

ブラッシング前にスプレーしてやると、オイルなどの保護成分が静電気を抑えることで、ブラシの通りがよくなり、切れ毛が防げるだけでなく、健康的でツヤのある仕上がりになる。

シャンプー前にも使用しておくと、更に毛玉が防止できる。また、老犬などで頻繁にシャンプーできないときもケアできる。

わが家ではずっと、天然ハーブ配合の「A.P.D.C」のグルーミングスプレーを愛用。ティーツリーの香りが爽やか。

スポンサーリンク

created by Rinker
A.P.D.C.
¥1,100 (2020/06/01 10:02:21時点 Amazon調べ-詳細)

 


一本買うと結構もつのでコスパ良し。

グルーミングスプレー

スリッカーはやっぱりこちら、イギリスの老舗メーカー「ローレンス」の犬用ソフトスリッカー。


created by Rinker
ローレンス
¥1,650 (2020/06/01 10:02:22時点 Amazon調べ-詳細)

ローレンスのソフトスリッカー

サイズは、小型犬ならSでもSSでも可。写真はSSサイズで、ごらんのようにリモコン程度の大きさ。かなりコンパクトだが、肛門周りや頭頂部、耳の裏など、デリケートな部分にも小回りが利く。

SとSSの二本使いでもいいかも。

サイズSS

コームは「岡野製作所」のものが、ブリーダーらの間でも評価が高い。ペット用品専門のメーカーなので安心。


まとめ

ワンちゃんのお手入れは、見た目を可愛く保つだけでなく、飼い主とのコミュニケーションを図るうえでも大事なこと。

毎日、触れていると、ちょっとした皮膚の変化や、痛みを感じる場所を見つけてやることもできる。

おとんおとん

歯磨きと一緒に習慣化したいね。

本日もフワフワに仕上がりましたっ
スポンサーリンク