スポンサーリンク

 

おかんおかん

ケージが大事なことはよーく分かってるんだけどね。

我が家は実は放し飼いだったりする・・・

 

犬にとって、トイレトレーニングや留守番時の居場所として「サークル」が必要なことは言うまでもなく、みなさまご承知のとおり。

我が家ももちろんワンコ用のケージ(サークル)とお部屋まで用意して、寝るときと留守番のときはそこで過ごすようにしつけたはずだった。

それが、今はベッドで一緒に寝ている。

ついにはワンコ用の部屋はクローゼット部屋にしてしまった。

 

ノンノン

当然じゃん。いつも一緒だもん。

 

サークル(ケージ)が必要なシチュエーション

ただし、こんなときはケージが必要になってくる。

<お家で>

  • ワンコ苦手なお客さんが来た!
  • 長時間のお出かけ中のイタズラ
  • 窓を開け放したときに飛び出すリスク

<お出かけ時>

  • 一緒にアウトドア
  • サークルのない宿への宿泊
  • 実家や自宅以外の場所へのお出かけ

 

今までは仕方なく、部屋に閉じ込めたり、簡易な折畳み式でないサークルを持参したりしていた。

簡易組立可能なケージが便利

ところが、そんなときのために、常設ではなく、簡単に組み立てられる/持ち運べるケージがあるのを知った。

<ハードタイプ>

スポンサーリンク

ワンコ的には、室内に設置しているケージに似ていて親しみやすいかも。

頑丈なので、脱走や破損の可能性が低い。

 

<ソフトタイプ>

こちらのソフトタイプの方が、持ち運びは簡単だ。

まるでトートバッグのように、楽に肩にかけて持ち運べるので、特にアウトドアや旅行のときはありがたい。

ただし、耐久力の点では不安に思える点もあり、暴れるタイプの子なら単発的な使用にとどめるのが良いかも。

 

 

 

我が家同様、シニアのワンコは、移動するのが大変になってくることもある。

このような折り畳みできるサークルを用意しておけば、トイレに間に合わないなどの事態も防げる。

もちろん、ワンコだけではなく、ニャンコやウサギ、いろいろなペットにも使える。

 

一つ持っておくと便利かもね。

スポンサーリンク