スポンサーリンク

ハンドシグナル(ハンドサイン)って何?

「ハンドシグナル」とは、「待て」、「お座り」、「お手」などの命令を、視覚的に手を使って伝えること。

言葉と一緒に、このハンドシグナルも教えておくと、いろんな時に役に立つ。

犬の視覚

ちなみに、犬の視力は0.2~0.3。識別できる色は「黄色」と「青色」とその中間色。

もともと狩りをする動物だから、動体視力は優れているものの、そんなに遠くまで見えるわけじゃない。動物だから、獲物をしっかりととらえるために、われわれ人間よりもずっと目がイイと思っていたけど、そうでもないんだね。わたしたちとワンコとが見ている世界はずいぶん違うのだ。

ハンドシグナルがおススメのわけ

1.遠くからでもコミュニケーションが取れる

ドッグランなどの離れた場所にいるときも、このハンドサインを使えば、言いたいことを伝えることができる。大声を張りあげなくてもいいので、わたしたち飼い主にとっても都合がいい。

2.老犬にも命令が伝えられる

病気でなくても「老犬性難聴」で、老化のために聴力が衰えていくのは自然な流れ。でも、一度覚えたコマンドは、老犬になってもちゃんと体に染みついているから、耳の老化にも対処できる。

まわりのワンコたちも、

「元気だけど耳が聞こえなくなってきたみたい・・・。呼ぶときにいちいち触らなくちゃいけないんだ」

ということを聞く。

ハンドシグナルの教え方

上で書いたように、視力はあまり良くないから、それを考慮に入れて、指を使った細かな動作ではなく、腕全体を使うような大きな動作を選ぶといい。

スポンサーリンク

ハンドシグナルは、三項随伴性(さんこうずいはんせい)というコンセプトを元にしている(三項随伴性は、ワンコだけでなく、成人や子供の問題行動や教育にも利用されていて、「ABC分析」とも言われる)。

A(antecedents:先行条件)、B(behavior:行動)、C(consequences:結果)

  • A-どんな状況(刺激やきっかけ)で
  • B-どんな行動がおこり
  • C-どんな結果がおこったか

という3つのステップを通じて、ワンコはハンドシグナルを覚える。

たとえば、「お座り」を教えるとき、

  • A-下から上へ手を動かす
  • B-座る
  • C-おやつがもらえる

こんなふうに、おやつを手にもって、「お座り」を教える。

もうお座りができるワンコなら、今度からはハンドサインも一緒に付け加えると、だんだんと手の動きだけでお座りができるようになるはず。

 

201105272

 

のんは「お座り」はできているから、ハンドサインもすぐに覚えてくれるかな。「臥せ」のハンドシグナルは覚えてくれたみたい。

犬って本当に賢い。イヌと役立つコミュニケーションがとりたいワン。

スポンサーリンク