スポンサーリンク

ワンコと泊まろう、ハウステンボス


ワンコを連れてUSJにお出かけできるのか?について書いたけれど、テーマパークに犬を連れていくのは無理だと思っている人は多いと思う。

でも、「ハウステンボス」は、ワンコも連れていける、いやそれどころか、ヒトもワンコも同じくらい満喫できる場所なのだ。

ワンコもまじえた家族全員で九州旅行したいなら、是非ともおススメしたいのがハウステンボス。

というのは、ハウステンボス内の公式ホテル「フォレストヴィラ」には、「ドッグヴィラ」がちゃんと用意されているから。

そして、屋内施設(ショップ・レストラン・ホテル等)と、場内のシャトルバスと、運河を渡る船を除けば、愛犬と一緒に自由に行き来できる。



 

大阪からはるばる車でいざ、ドッグヴィラのあるフォレストヴィラへ。

 

ドッグヴィラ駐車場

 

この駐車場マップを参考にドッグヴィラへ向かったわけだけど、入口がけっこう分かりにくい。

「天然温泉やすらぎの館」という看板がドッグヴィラに向かう目印。見逃さないようにね!

 

フロントとドッグヴィラ用駐車場とは距離があるので、まずはフロントでチェックインの手続きを済ませ、スーツケースなどの荷物を下ろす。

 

おかんおかん

ドッグヴィラの前に駐車場があれば便利なのにな

 

そして、フロントと客室の間もかなり離れているので、チェックイン/チェックアウト時には、フロントから車を回してもらい荷物を運ぶ必要がある。

ハウステンボスのテーマパークまでもけっこうな距離があるので、ミニタクシーを利用するか、歩きやすい靴を履いておくことをオススメする。

ただ、後にご紹介するように、素敵なロケーションなので、その道中もワンコ連れで散歩を兼ねてゆっくり散策しながら旅気分を味わいたい。

愛犬と同宿可能ドッグヴィラ

上にも書いたように、「ドッグヴィラ」はハウステンボス内で唯一ワンコが宿泊できる宿。

しかも、単に宿泊できるというだけでなく、もちろんワンコと一緒に広大な敷地内を散策できる。

フォレストヴィラの中でドッグヴィラは矢印で示す5戸。

 

ドッグヴィラ地図

 

爽やかな緑の中を目当てのお部屋まで歩く、歩く。のんが一番張り切って、リードを引っ張る。

 

ヴィラ内の小道

 

われらの今夜の宿はココ。

 

ヴィラ1棟で2戸

 

 

室内はどうなの!と期待がふくらむ。

 

ドッグヴィラ玄関

 

ここで、ドッグヴィラの詳細を説明しておこう。

宿泊プランの内容

  • ドッグヴィラ1泊室料
  • 朝食(ヴィラ内レストランのブッフェ。犬同伴不可)
  • 犬1頭の宿泊料と、ハウステンボスへの入場料

<*注>

  • 2頭目からは2,500円追加。大型犬は、1頭まで
  • 宿泊客のハウステンボスのテーマパークへの入場料にはチケット購入要。

 

メインのリビングルーム

 

ワンコ用の備品は、専用ゲージ、ペットシーツ、除菌・消臭スプレー、うんち袋、犬用タオル、ペット用トイレ、食器(大小)、コロコロローラー、リードフック(屋外)が完備。

一番先に特等席を確保するのがノン流。

 

室内

 

 

 



ドッグヴィラ(77m2)は、2人で宿泊すれば1名約28000円~と決してリーズナブルとは言えないお値段。

でも、2階建てのヴィラの2階はベッドルームが2室あり、エキストラベッドを入れれば5名まで宿泊可能。5名の場合は1名約16000円~と一気にお安く泊まれる。

家族や友達同士で気兼ねなく楽しむならヴィラはオススメ。わたしも次回はワンコ友と泊まってみたい。

 

ベッドルーム

ドッグヴィラの特典

  • フォレストヴィラ近くに専用駐車場。
  • ハウステンボス再入場パスポートのプレゼント(詳細はコチラを参照)
  • チェックイン・チェックアウト前後のドッグクロークの利用可

 

おかんおかん

この再入場パスポートのサービスがマジでお得!

遅い時間に到着したとしても、1日のパスポートを購入しておけば、2日目のチケットをプレゼントしてもらえる。

テーマパークは夜22:00まで開いているから夜も楽しめるよ。

「ドッグクローク」は、チェックイン(15:00)前とチェックアウト(11:00)後。そのほか、レストランでの食事や、その他の屋内施設に入場したり、バスや船などを利用したりするときに預けることができる。

わたしたちが泊まった棟の隣がちょうどドッグクローク。今回は使用しなかったが、お留守番がどうしても必要なときは利用したいかも。

ドッグヴィラ利用条件

  • 宿泊同意書に記入し、ワクチン注射の接種証明書(2種)のコピーを提出すること
  • 外出時にはリードを着用すること
  • 外出時にはウンチの処理袋とペットボトルを持参すること

 

室内の詳細はこちらの動画をご参考に。

 

 

幻想的なヴィラの風景

室内からは美しい湖が間近に見える。

テンボスのテーマパークで一日中遊び回るのもいいけれど、長期滞在しながら、パークの喧噪から少し距離を置いて、森の中で静かな時間を過ごすのもいい。

 

客室テラスからの光景

 

朝食ブッフェの場所となるレストラン「トロフィネ」。全面に開放された窓から見える花々や湖と森はまさに幻想的。

「ヘルシー&ウェルネス」をコンセプトに、化学調味料や動物性食材を扱わず、地産地消の野菜を使ったナチュラルフードとマクロビオティックを味わえる。

残念ながらワンコはお留守番。

 

レストラン「トロフィネ」の外観

 

朝食後、雨上がりの庭を一緒にお散歩。

 

ノンノン

おかん、気持ちいいね!





反対側の湖岸から覗く、わたしたちの泊まった部屋。カーテンが開いているので分かる。

 

 

こんな贅沢な日々もたまにはね。

 

 

スポンサーリンク