スポンサーリンク

災害時のこと、考えてる?

1995年、阪神・淡路大震災を、大阪の地で体験した。わたしの住んでいる街は震度6のわりに、大きな被害を受けなかった。でも、当時働いていた会社の同僚や友人たちの中には、住む場所を奪われたり、通勤の足を失ったり 、生活の基盤から大きなダメージを受けた。

そのころはネコもイヌも飼っていなくて、ペットと災害について考えるにいたらなかったけれど、今、大地震が起ったら、ワンコを抱えてどうしたらいいんだろう。

わたしたち家族だけでなく、ちゃんとワンコの備えもしなければ。安心して爆睡するためにね。
爆睡

 

避難するときに起こりそうなこと

阪神大震災から、東北、熊本と、日本各地で大きな地震が発生している。ここは大丈夫!と自信をもって言える場所は、地震大国日本では少ないかもしれない。

慌て者のわたしは、地震が起こると、アワアワしてパニックを起こしそう。マンションが倒壊したり、火災が発生したり、という直接的な原因じゃなくて、逃げようとしてすっころんだり、抱きかかえようとして落としたりして、自分もノンも殺しちゃうんじゃないかと不安。

パニックを起こすと、人は思ってもみない行動をとることがある。飼い主がそうなら、ペットはそれ以上。飼い主と犬とが安全な避難場所まで無事にたどりつくには、ふだんの心がけとシミュレーションがだいじ。そのためには、キャリーバッグやケージに慣れていること、が必須だ。

そして、無事に避難場所に着いたとしても、警戒してほえ続けたり、勝手にオシッコやウンチをしてしまうワンコは、みんなと暮らすことはできないし、犬自身もストレスを感じて苦しむことになるだろう。

人間と同じく、避難所や、動物用の避難施設では、不特定多数のワンコと接触し、ストレスで免疫力も低下する。それに備えて、ワクチンなどの予防接種、ノミやダニの駆除もすませておくことは 当然だ。

東北の地震では、避難して残していかさざるを得なかったワンコたちの間で繁殖が多数発生したらしい。不妊・去勢手術を行っておくことで、そういった望ましくない繁殖を防止できるし、避難場所でのストレスの軽減や、無駄吠えの防止や、様々な問題行動を減らすことができる。

 行っておくべき「しつけ」と管理

災害時に役立つことをまとめておく。

スポンサーリンク

<ワンコ&ニャンコ編>

●「待て」、「おいで」、「お座り」、「伏せ」などの基本的なしつけをしておく。
●ケージやキャリーバッグに慣れさせておく。
●無駄吠えをしないようにしつける。
●人や他の犬にも慣れさせておく。
●ペットシーツなどの決められた場所でオシッコとウンチができる。
●狂犬病予防接種を含め、各種ワクチン接種をすませておく。
●フィラリア予防をすませておく。
●不妊・去勢手術を行っておく。

 

オシャレと機能性を兼ね備えたキャリーバッグを1つご紹介。

大切なペットとの「いつも」の暮らしを、「もしも」の時も守っていきたい。

をコンセプトに、動物福祉を科学するペット×災害のスペシャリストが、災害時の様々なシーンを考慮した多機能性と特殊構造にこだわった避難キャリーの決定版、通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】

gramp

 

gramp%ef%bc%93

 



スポンサーリンク