スポンサーリンク

トイレを持ち運ぼう

ご存知のように、旅するワンコの我が家のノン。

旅もするけど、帰省などの長期間のお出かけ時も、ホテルに預けたり、お留守番をさせたりすることはめったにしない。

よそのおうちに泊まるとき、一番と言っていいほど気になるのが「トイレ」のことかも。

今まで実家にお泊りするときは、トイレトレーを持参していたけど、結構な荷物になって、正直なところ面倒だった。

 

ところが、あるペット可の旅館に泊まったとき、設置されていたのが、このトイレ。

ゴムのような材質で、くるくるとコンパクトに丸めることができる。

 

「何これ、超便利!」

 

と驚いた。


 

 

もしかしたら、犬飼いの方々の間ではおなじみの製品だったのかな?

お勧めのトレー

我が家でも、さっそく採り入れたいと思い、いろいろと調べてみた。

いずれのタイプもコンパクトにまとめることができ、使用時は、市販のシーツをトイレトレーに固定し、裏側には滑り止め加工がほどこされている。

 

 

値段としてはこちらが一番お値ごろだけど、少し安っぽく、用途としては、完全にお出かけ時のみの使用に限られるかも。

スポンサーリンク

 

下に紹介するような色合いのシリコンゴムの商品ならば、携帯用だけでなく、自宅に設置するトイレとしても、フローリング等にマッチして、従来のプラスチック製トレイよりも目立たない

それだけでなく、洗うのも簡単。ウンチがゆるくなってしまうときなどずいぶん助かりそうだ。

 

 

 

 

詳しい使用方法はペファミの公式サイトの動画をご覧いただきたい。

 



 

トレーを使用する前に

ただし、こうしたトレーを使う条件として、ちゃんとシーツに排泄できるようにしつけておくのは必須。

ワンコは賢いから、排泄のコマンドは根気よく教えれば、絶対に覚えてくれるはず。

犬はトイレそのものではなく、シーツの感触を排泄する場所だと認識するので、本当はトレーすら必要ない。大型犬でも新聞を畳んだ状態くらいの面積のシーツがあれば排泄に足りるらしい。

 

我が家のノンも、何よりも優先して排泄を教え込んだので、旅行やお泊りがとっても楽。

外でしかウンチ/オシッコをしないワンコに育ててしまうと後々苦労してしまうので、いつでもどこでもできるようにしておきたいね。

 

 

スポンサーリンク