スポンサーリンク

トイプードルの「膝蓋骨脱臼」

小型犬、特にトイプードルは、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」にかかりやすいと言われている。

「膝蓋骨脱臼」は、後ろ足の「ひざのお皿」の部分がずれて(外れて)しまうこと。

その原因は、外傷や先天的な異常と言われている。

 

 

 

おかんおかん

膝が痛いっ!

わたしも悩んでるから、こんな痛みは、愛犬には絶対味わってほしくないのだ。

アラフィフのわたしも、無理をするとすぐに膝が痛くなる。毎日の生活に影響するから、膝は大事なんだよね。

膝蓋骨脱臼のレベル

膝蓋骨脱臼のレベルは以下のとおり。

  • グレード1:脱臼後も自然に正常に戻る。関節を押すと外れ、押すのを止めると元に戻る。飼い主が留守中に脱臼していることもあるので、気づかれないことが多い。
  • グレード2:ときどき足を引きずるように歩いたり、つったりする。外れてしまったら、手で元に戻してやらなくてはならない。ここで放っていると、骨の変形などに進行することがある。
  • グレード3:ふだんでも脱臼していることが多く、治してやってもすぐに脱臼するので、脱臼した足が上がったままになる。
  • グレード4:常に脱臼した状態で、手では戻せない。治すには手術しかない。

 

我が家のワンコは脱臼したことはないけど、検診のときに、

「少し膝がゆるいね」

と指摘されている。

それに、ピョンピョンと跳ねる癖がなかなか治せなくて、脱臼がすごく気になる。

家の中でできる予防法

脱臼と診断されたときは症状を進行させないように、そして診断されていないときも、うちのなかでできる対策はいくつかある。

1.肥満を防ぐ

膝蓋骨脱臼を引き起こす1番の原因。カワイイからといって、つい食べさせすぎるのは厳禁。

1週間に1回は体重測定をしよう。たとえば毎週月曜日の朝は体重を量る日、と習慣づけておくといいね。

2.滑りにくい床にする

滑りやすいフローリングはコーティングしたり、じゅうたんを敷いたりする。

スポンサーリンク

ズルッと滑っていくのを避けるために、足の裏の毛も伸びすぎないようにトリミングも定期的に通う。

3.ジャンプを避ける

おかんおかん

どの家のトイプードルもそうなのかなぁ。

大好きな人に出会ったら、嬉しくて『ぴょんぴょん』が止まらないんだよね。

しつけ教室でも、この跳びはねを止めさせるように注意されたけど、なかなか治らない。

いずれにせよ、

「足に負担をかけない」

ことが何よりもだいじ。

我が家の予防法

そのため、我が家では、ソファーやベッドなどの段差のあるところには、ジャンプさせないようにミニ階段を設置している。

ジャンプが大得意だったネコと暮らしていたときは、階段が必要になるなんて想像もしていなかった。

でも、ワンコ用階段って意外とインテリアとしてもカワイイ。

革のソファーには、レザータイプの階段がオススメ。掃除も拭くだけなので手入れが簡単。

 

犬用階段
リビングソファーの階段

 

 

犬用階段
寝室の階段

 

 

寝室にも階段。こちらは布製でベッドにはしっくりくるが、軽いので上り下りするときは動いてずれてしまうところが欠点。

気になるときは安定感がある革製がおススメ。

 

おかんおかん

バリアフリーは人間だけじゃないのだ。


スポンサーリンク