スポンサーリンク

猛暑の夏はおススメしたいサマーカット

 

おかんおかん

日本ってもう亜熱帯?

ここはインドか?と間違えるような大阪の夏。

ヨーロッパ生まれのトイプードルには辛いよね~。

ということで、わたしは夏は必ず

「サマーカット」

 

本日もサロンはお仲間がいっぱい

 

と言っても実は年中、サマーカットなんだけどね。

その理由はまた後で。

サマーカットってどんなカット?

「サマーカット」ってどんなカットなんだろう?と疑問に思う人もいるかも。

実は、サマーカットという決まったスタイルがあるわけではない。

つまり、この名前が示すとおり、夏にぴったりの短めのショートカット全般を指す。

 

でも、ショートカットと言っても、どんなふうにオーダーすればいいのか迷うよね。

 

 

おかんおかん

雑誌や写真をもっていって、こんな風にお願い、という人が多いかな?

でも、mm(ミリ)で注文すると分かりやすいよ。

 

ミリメートルの単位でカットするのに使われるのが、バリカンかハサミ。

どちらでもカットできるけど、皮膚が弱い子は、バリカンよりも繊細なハサミの方がおススメ。

 

ただし、ご想像通り、一気に刈れるバリカンに比べて、ハサミでのカットは熟練の技が必要だし、手間もかかる。

そのため、「全身ハサミでお願い」という場合、プラスアルファのお値段が要求されることも。

身体はバリカンで刈ってしまうのがふつうなようだ。

 

わが家の場合、身体はバリカン、顔周りはハサミ、というミックス。

スポンサーリンク

 

カット直後

 

バリカンでミリ単位の注文

バリカンでのミリ単位の調整は、バリカンの刃を交換することで簡単に実行できる。

たいていのサロンでは、同じような替刃を使っているので、ミリでのカットの雰囲気を分かっていれば、どのサロンに行っても同じように伝えることができる。

 

最も広く使われているメーカーの「スピーディク」では、0.1mm、0.5mm、1mm、2mm、3mm、5mm、6mm、8mm、9mm、10mm、11mm、13mm、16mm、P(プードル用)の14種類の刃が用意されている。

 

このうち5㎜程度までが「サマーカット」にあたるようだ。

耳と脚の一部以外は、5㎜カットにしたのがこんな感じ。

 

サマーカット

 

5㎜以下というと、ほとんど地肌が見えるくらいになる。

1㎜などの場合は、もうほとんど毛がなくなるくらい?!

 

 

最後に

バリカンでのカットはスピードアップになるので、トリミングが負担になる特にシニア犬にはおススメだ。

サマーカットにしておくことで、毛玉もできにくく手入れが楽になるし、自宅でのシャンプーも簡単になる。

ただし、直射日光が地肌に当たるため、夏といえど、洋服を着せるのは必須。

一見涼しそうに見えても、日光や、ノミダニなどの虫にやられてしまう可能性がある。

皮膚が敏感で薄いトイプードルは、適切な毛の長さをトリマーさんに相談してほしい。

 

 

スポンサーリンク