スポンサーリンク

イヌ同伴可のダイワロイヤルチェーン

: Incorrect URL specification.

以前にご紹介したように、ダイワロイヤルチェーンには穴場の犬同伴可能なホテルがいくつかあるのだ。

今回紹介する「裏磐梯ダイワロイヤルホテル」は、中でも私がおススメする宿。おススメポイントはいくつかある。

裏磐梯ダイワロイヤルホテルとは



裏磐梯ダイワロイヤルホテル外観

 

ダイワロイヤルホテルのペットルーム条件はほぼどれも一緒なので、以下の点は要チェック。

毎日2室のみのご提供となるため、ホームページからのご予約は承っておりません。ご利用希望日が決まりましたら「お問い合わせ」フォームより空室状況をお問い合わせください。
尚、当ホテルをご利用の皆様が快適にお過ごしいただくため、下記のご利用条件を遵守して頂けますようお願い申し上げます。

小型犬限定(5㎏まで)
無駄吠えしないようしつけが行き届いていること
館内移動時にはキャリーバッグ(ゲージ)をご使用いただくこと
外出時のお部屋にはペットのみにしないこと
パブリックスペースへのご同伴はご遠慮いただくこと

 

公式サイトや、様々な予約サイトでは確認できないので、直接電話して確認すること。

 

おかんおかん

急だから無理だよな~と思っていても、ペットルームは意外と空いていることがあるのでチャレンジしてみて。

 

室内の模様はこちらで↓

 

 

バスルームは少し狭いが、大浴場もとあるの心配いらない。

ペットルームは、このようにカーペットが敷き詰めているので、走り回っても脚にやさしい。

ホテル自体は古い造りだが、敷地が広大で、周りの豊かな自然とあいまって、ダイワロイヤルの中でも雰囲気のあるホテルの1つ。

裏磐梯ってこんなとこ

裏磐梯(うらばんだい)は、福島県北部の磐梯山、安達太良山、吾妻山の800メートルの山々に囲まれた磐梯高原がある国立公園。

これらの山は五色沼などの300個もの湖に囲まれていて、福島県を代表するリゾート地だ。

夏は避暑、秋は紅葉、冬はパウダースノーが魅力的なスキー場に、湖でのワカサギ釣り。福島でリゾートを楽しむなら、ここ裏磐梯をベースにするのが一番。

高台にあるので、大阪や東京とはかなり気温が違う。洋服も気を付けておきたい。もちろんワンコの防寒用の服も!

「ダリ美術館」こと諸橋近代美術館

諸橋近代美術館

 

ホテルのすぐ横に歩いて行ける場所にあるのが「諸橋近代美術館」

個人 : ¥950
高校・大学生 :¥500 ¥450
小・中学生 :無料

*ホテル宿泊者割引あり。

この美術館を有名にしたのが、サルバドール・ダリの絵画、彫刻、版画作品、約330点。

ダリコレクション館としては、ダリ美術館(フロリダ州)、ダリ劇場美術館(スペイン)に次いで3番目の大きさ。いつでもダリの作品がアジアで見られるのはここだけだ。

創設者が亡くなった今も、ダリの作品を集め続けているという。

絵だけでなく、迫力あるダリの彫刻まで旅行中に見られるとは思わなくて感激。シャガール、ユトリロ、ピカソ、ローランサンなども。

諸橋近代美術館は、磐梯朝日国立公園(5.5万㎡)内に約2000㎡の面積で建てられている。

創設者は「中世の馬小屋」をイメージしたとのこと。

中世の馬小屋かどうかはわからないが、写真でご覧いただけるように、玄晶石を使った風合い、池に写し出るクラシックな建物--絵葉書のような美しい庭園と、ダリの美と、幻想的な空間を堪能できる。

残念ながら、ワンコはNGでホテルでお留守番。しばし、大人デート。

スポンサーリンク
美術館の庭園

色を変える五色沼

上で書いたように、裏磐梯には、磐梯山の噴火で生まれたたくさんの湖がある。その数は大小合わせて300個以上。

その中で最も有名なのが「五色沼」。五色沼は、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などから成る。

なぜ「五色沼」って呼ばれるの?

付着した酸化鉄の赤、アロフェン(アルミニウムや珪酸など)の青白色。

上記の成分と光の反射によって、五色沼は、エメラルドグリーンにも、コバルトブルーにも、様々な色を見せてくれる。

 

五色沼でボート

 

ボートは30分700円、60分1300円。 ワンコもOK。

ボートを漕ぐのはオトンに任せて、わたしはハート形の模様があるという鯉を探う。その鯉を見つけられれば幸せになれるという。

 

五色沼自然探勝路

 

さらに、五色沼湖沼群を楽しみたいという人は、全長約3.7キロメートルの「五色沼自然探勝路」に沿って、1時間ほど散策してみてはいかがだろうか。

道幅は広いけれど、4月中旬くらいまでは雪が残ることもあり、岩やぬかるみなどで足を取られることもあるので、ハイキングの装いで。

 

裏磐梯、ワンコ連れでも是非楽しんでいただきたい。

 

予約はこちらからどうぞ↓

スポンサーリンク