スポンサーリンク

岡山県にペットメインの温泉旅館が!

 

 

「旅するワンコ」がモットー。なにわのワンコなので、日頃は生息範囲の関西近辺でうろうろしてるけど、目標は全国制覇!と大きいのである。

飼い主の皆様はお分かりのとおり、「犬と泊まれる宿」はペット人口の増加とともにだんだん増えているものの、基本的には関東に集中していて探すのが大変。東北縦断旅をしたときも結構苦労した。

中四国地方もペットと泊まれる宿は少なめ。それもペットがメインの温泉旅館は希少。おとんの田舎は中国地方だから中国地方もガンガン攻めていきたい。帰省時の常宿を発見したいのだ。

今回、その中国地方。岡山県の「下湯原温泉」2017年3月13日に、

 

小型・中型・大型犬オールOKの温泉宿

 

が生まれたと聞いてワクワク。

下湯原温泉(しもゆばらおんせん)ってこんなとこ

まず、湯原温泉(ゆばらおんせん)は岡山県の北部に位置する。砂を吹き上げながらお湯が噴き出す「砂湯」が有名で、なんと露天風呂番付では西の横綱にランクされている。

● 大阪からは約2時間半(中国自動車道→米子自動車道:吹田IC~湯原IC)

● 広島からも約2時間半(中国自動車道→米子自動車道:広島北IC~湯原IC)

と西からも東からも車で行けば意外と近い。週末プチ旅行にはぴったりの場所なのだ。

 

その湯原温泉から少し南側にあるのが下湯原温泉。下湯原温泉にはペットのお風呂で有名な下湯原温泉ひまわり館もあり、お伝えしたいのだけど、こちらはまた別の機会に。

 

死も湯原温泉の「砂湯」

「わんこあん」ってこんな宿

「わんこあん」は、女将と、看板猫「チャイ」、看板犬「エース」、末っ子「アンディ」がお出迎えしてくれる宿。

ブログには社長が、クラウドファンディングを介して旅館をオープンさせるまでの奮闘も正直にえがかれていて、

 

おかんおかん

え、どうやってお金集めたん?苦労したやろな

 

おとんおとん

やっぱ口コミではキツいコメント寄せられるねんな

 

などといろんな気持ちが沸いてくる。関西人なのでオカネのことも気になる(笑)。

 

オープン仕立てでまだバタバタしている感じがHPにも現れていて、コスパどうなのかな?と不安に思わぬ部分もないでもない。口コミもまだ少ない。

ともあれ、ゆかりのある土地だから、ステキな宿に発展していくように応援したい。

 

公式サイト
住所:岡山県真庭市下湯原125-3
電話番号:0867-62-3730
メール:info@onecoan.info

施設の概要

ペットは小型犬も中型犬も大型犬も受け入れ可能。大型犬と同室で宿泊できる施設は少ないのでポイント高い。

 

  • 1日5組限定、全室露天風呂と足湯付き(3人部屋4室/4人部屋1室)
  • ペット用ケージ、食器、シーツなどの基本的アメニティ完備
  • 「客室」「ロビー」「レストラン」はすべてペットの立入可

 

上で書いた5部屋は、「木」「火」「土」「金」「水」の五行をそれぞれコンセプトにして個性的な部屋つくりを行っている。

スポンサーリンク

ちなみに「五行」とは、

万物が「木」「火」「土」「金」「水」の5種類の元素から成り、その5元素が互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する

という古代中国の思想。「わんこあん」のある美作国はこの五行すべてがそろっているのだそうだ。

ペット宿泊条件

ただし、以下の条件が設定されている。どれもごく一般的な条件だが、予防接種証を忘れずに準備しておきたい。

  • トイレのしつけ
  • 予防接種
  • 無駄吠えをしない
  • 留守番できる
  • 発情中は不可

料金/価格

さて、気になるのはお値段。部屋や食事の種類などにもよるが、夕食・朝食の2食付きで約28000円~。子供と犬の料金設定は以下のとおり(正確には以下の予約サイトで確認)

小学生(1泊2食付) 大人宿泊料金の70%
幼児(1泊2食付)大人宿泊料金の50%
幼児(寝具のみ)大人料金の30%
幼児(寝具食事なし)2,000円税別
幼児(食事のみ)8,000円税別
小型犬中型犬 2,000円税別
大型犬 3,000円税別

 

馴染みのない人には是非出かけてほしい中国地方の温泉。素朴で、ほっこりしてて、食べ物も美味しいものだらけ。特に、岡山県北はオダギリジョーやB’zの稲葉浩志を生んだイケメンの宝庫なのだ。近い将来にまた潜入記をお伝えしたいのでお楽しみに!

スポンサーリンク