Sponsored Links

愛犬と摂津峡を楽しもう!

 

 

こちらの記事でご紹介したように大阪の北部にある「摂津狭」は、自然を楽しめる癒やしスポットとして人気が高い場所。

 

前回ご紹介したように、摂津狭で遊ぶ<お勧めコース>としては、

「桜公園」から行くコースと「萩谷総合公園」から行くコースがある。

<お勧めコース>

  1. 「桜公園」~「渓谷」(+水遊びだワン)
  2. 「萩谷総合公園」~「渓谷」(+水遊びだワン)
  3. 「ホタル狩り」

今回は、渓流の「涼」を求めて、2.の「萩谷総合公園」から摂津狭渓谷へ行くコースを探検してみた。

アクセス&駐車場

<MAP>


〒569-1054 大阪府高槻市萩谷111−1


〒569-1051 大阪府高槻市原 大阪府高槻市原

 

JR 高槻駅からは北西方面へ車で約20分、名神高速道路 茨木ICからは約20分。

大阪、京都方面どちらからでもアクセス良し。

<駐車場>

摂津狭へ行く駐車場は、「上の口駐車場」「下の口駐車場」「萩谷総合公園駐車場」の3つがあるけど、今回は一番リーズナブルな「萩谷総合公園駐車場」を利用してみた。

時間:7:30-18:00(4、5、9月は19:00、6~8月は20:00)

料金:1時間100円(最大料金400円)

このように、最大でも400円の駐車料金で、自然の中で家族そろっていろいろな遊びを体験できるからかなりお得だよね。

萩谷総合公園ってこんなとこ

「萩谷総合公園」は自然をそのまま活かしたとても広い公園。

 

萩谷公園MAP

 

 

公園へ入るとすぐに駐車場。その横がテニスコート。

真夏の炎天下にもかかわらず、ママさんたちがテニスに夢中だ。

木陰を探しながらしばらく散策道を歩くと、まもなく遊具施設ゾーンへ到着。

 

遊具施設1

 

遊具施設2

 

遊具施設はかなり充実していて、しかも周りは緑豊かな自然公園。子供たちにとっては楽園みたいな場所。

さすがに真夏のこの日、遊んでいる人は1組だけだったけど、春とか秋の休日にはファミリー連れであふれそうなワクワクする広場だ。

 

そして、その先には「多目的広場」。

 

こちらの記事でレポートしたように、この広場に持参したテントを設営。

 

おかんおかん

ここを基地にして、摂津峡も楽しんじゃうのだ。

というのがオカンのもくろみ。

後ろを流れるはずの小川は、今年は水不足なのか、残念ながら干上がっている。

川が流れていれば、もっと気持ちよかったのにな。

 

「多目的広場」でキャンプ

 

広場では夏休みに入った子供が虫取り網を持って、パパと昆虫採集に夢中。

さっそくクワガタを発見したみたい。

 

広場内の池

 

そして広場の奥には珍しい相撲の土俵も発見!

日本最古の伝統を誇る関西大学の相撲部。関西大学には高槻キャンパスもある。高槻はもしかして相撲が盛んな土地なのかな?

 

広場内の土俵

 

先に進むと、本格的な野球場とサッカー場が現れる。

 

サッカー場

 

野球場は電光掲示板が設置されており、サッカー場もきれいに整備されている。このサッカー場は日本女子リーグで使用されているとのこと。

いざ摂津狭へ

この萩谷総合公園から摂津狭へ向かってみることに。

地図でみると、1キロもないほどの近い距離だ。

野球場のそばに「摂津狭」という看板が出てきたので、そっちへ向かう。

 

U字形の坂道をくねくね曲がりながら降りていく。

Sponsored Links

道はだんだん細くなってきて散策道から山道へと変わる。

 

左手摂津峡

 

そして、左手に「摂津狭」という看板を曲がっていくと、次第に石がゴロゴロと出てきて完全に山道になってきた。

 

道も急な下り坂。すべり落ちて怪我をするかも!という危険な香り。

 

急な下り坂

 

おかんは不安で、おとんも少々バテ気味。

 

ノンが崖から足を踏み外したらどうしよう!

 

という不安をよそに、一番元気で軽やかな足取りなのはワンコなのである。

 

おとんおとん

さすが動物だ・・・(驚)

 

歩くこと30~40分、ようやく白滝に到着した。

 

白滝

 

白滝からは歩きやすい道になり、渓流までは数分で到着する。

渓流に出ると気温も下がり、身体に感じる空気が涼しく心地良いだけでなく、緑と清流の光景が目にも涼やかだ。

 

摂津峡渓谷

 

八畳岩の近くでは、先客のファミリーがテントを張って川遊びの真最中。

わたしたちもその隣に陣取ることに。汗だくで思わず川に飛び込みたくなる衝動に駆られるけど、水着ではないので足先まで水につかる。

 

おかんおかん

気持ちいい~。生き返った気分♬

 

おとん作のおにぎり弁当を広げて、しばし極楽タイム。歩き疲れた後のお米が美味しい!

 

オトン作おにぎり

 

水の苦手なノンも、暑さにやられたのか、エサにつられたのか、川に入ってくる。

 

 

水遊び中

 

水の気持ちよさを実感してくれたかな。

プードルは泳ぎが得意な犬のはずだから、きっと水遊びに開眼してくれるはず。

ただし、濡れてしまうと、このように情けない姿に変身してしまうわけだけど(笑)。

 

水浸し

 

夏休みに入った少年少女が走りながら通り過ぎる。やはり、子供にとっては非日常が味わえる貴重な場所なのだろう。

 

さて、しばし川べりで遊んだので、萩谷公園へ戻ることに。

来た道は想像以上にキツかったので、今度は少し北回りの別ルートで帰ることにした。

 

ところが、北回りの別ルートは延々と急な坂が続く道で、さらにキツイルートだった。

ハイキングというよりは、まさに体育会の合宿だ。

 

おとんおとん

さすがにおとんもバテた・・・。

最後に

萩谷総合公園は子供連れで、遊具で遊び、自然を堪能するにはとっても良い公園。ペットと一緒に散歩する場所にも事欠かない。

摂津狭の渓流も、子供もペットも満喫できる場所だ。

 

ただ、萩谷総合公園から摂津狭の渓流まで行く山道は相当キツイので、オススメしない。

 

摂津峡マップ

 

 

摂津狭の渓流で遊ぶなら、「下の口駐車場」に車を止めて、桜公園を経由するルートが一番らくちん。

おかんおかん

かなり大変だったけど、終わってみれば山歩きもダイエットになったかも(笑)。

近場でこんなキレイな自然と渓流をワンコと楽しめるのだからありがたいね。

 

Sponsored Links