スポンサーリンク

ドッグランのあるハーブガーデン

 

おかんおかん

ひるぜん高原を楽しんだわたしたち。

一面に広がる高原に癒されたわ~。

そんなひるぜんで、ドッグランをそなえた素敵な場所を発見!

ガーデニングにも目覚めはじめた今、これは何としても行かなくてはね。

 

「え、ひるぜんってどんなところなの?」

 

という方は、コチラ↓の記事をどうぞ。

 

その素敵な場所とは、ラベンダー畑が広がる「蒜山ハーブガーデンハービル」




ハーブガーデンハービルってこんなとこ

1998年、岡山県の蒜山(ひるぜん)に生まれた「ハーブガーデンハービル」は、「植物を通じた人々の交流」を目的として、真庭市の第3セクターが運営している施設だ。

総面積3ヘクタールの中に、約1万株の西日本最大級のラベンダー畑、 約200種のハーブが育つハーブガーデン、地元の山野草を植えた山の幸公園、約3千株のアジサイが咲くアジサイ園、とバラエティ豊かな緑を楽しむことができる。

 

施設エントランス

 

施設外観

施設概要

入園料:大人300円、中高生200円、小学生以下無料

開園日:4~11月は無休、12~3月は休園

営業時間:9:00~18:00

駐車場:普通車80台、バス8台、身障者スペース2台。いずれも無料。

 

ハービルMAP

 

INFORMATION

 

ワンコは無料だよ!

この日も犬が何頭も訪れていた。

 

施設の建物は2階建てで、このような造りとなっている。

  • 1階ショップ-香りのグッズ(アロマ、オイル、キャンドルなど)や、ハーブの苗やプランツ、オシャレなガーデニング用品などを販売
  • 1階レストラン-カフェとランチメニューを提供
  • 2階工房-リース造りを体験

 

施設紹介

 

 

1階レストラン

 

2階工房横のスペース

 

2階工房

 

レストランと工房の中はNGだが、テラス席やその他の建物外の場所はワンコOK。

ハーブが味わえるレストラン&カフェ

 

レストランのテラス席

 

イングリッシュガーデンにぴったりの英国車のMINIが、テラス席にポンと置かれているのが何ともオシャレ。

 

MINIがオシャレ!

 

遠くに蒜山の山々をのぞみながら、爽やかな風の中、ハーブティーでいっときゆっくりとした時間を過ごす。

いろんなハーブを使った珍しいドリンクがオーダーできる。

美味しく優しい味だけじゃなくて、疲労回復、美肌、花粉症、ストレス軽減などなど、ハーブにはたくさんの効用がある

温かいポットでのサービスに加えて、テイクアウトできる冷たい飲み物もあるので、好きな場所で楽しむこともできる。

 

ティーのお供のパン、ベーグル、スイーツも充実。

蒜山名産のジャージー牛や、ジャージーヨーグルトを使ったパスタランチや日替わりランチもGOOD。

 

蒜山三座を臨む

幻想的なハーブガーデン

テラス席につながるのが、200種類のハーブが栽培された「ハーブガーデン」

スポンサーリンク

「ハーブ」とは香りのある植物のことで、薬草やスパイスなどの植物もハーブの仲間。

そのため、なじみ深いバジル、ローズマリー、ローレル、ミントの他にも、日本人が昔から慣れ親しんできたシソ、ショウガ、アサツキなどもハーブに含まれる。

お庭は

美しい!

の一言で、丹精込めて育てた人たちの努力がしのばれる。

手に触れて、香りをかいで、五感でハーブを楽しもう。

 

ハーブガーデン

 

ガーデンの小道

 

ガーデンの様子

一面のラベンダー畑

そして、圧巻が1万株のラベンダー畑。

こちらのラベンダーは「ドリーム」という品種で、西日本の気候や風土に適しているという。

ラベンダーと聞けば北海道を一番に思いつくけれど、ラベンダーはもともと温暖な地方に咲く花なのだ。

今度は、開花期の7月上旬から8月初旬に訪れたい。

 

ラベンダー「ドリーム」

 

ラベンダー畑を散歩

 

森の中の「ドッグラン」

さて、わたしたちのお目当てのドッグランは、ラベンダー畑の中を通った奥の一角。

 

 

横には小川が流れ、暑い夏も涼しさを添えてくれる。

周りは木々に囲まれ、自然の地形をそのまま生かしたドッグランだ。

ゆるやかな傾斜となっているので、小型犬~大型犬まで十分な運動量が確保できる。

 

ドッグラン利用時の注意事項

 

緑が気持ちいいね

 

買い物や食事を利用しないとすれば、入場料だけでこんなに環境のいいドッグランが使用できるのだから、とってもお得で驚きだ。

「天の岩戸」はここだった?!-茅部神社

ハービルのすぐ近くで見つけた「茅部(かやべ)神社」。

なんと、この神社は、「天の岩戸(あまのいわと)」*の入り口に位置するのだという。

*日本最古の歴史書「『古事記』に出てくる、天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れてしまって世界が真っ暗になったという岩でできた洞窟。

ただし、「ここが本当の天の岩戸だ」と名乗る場所は全国各地にある(笑)。

時間が押していて、遊歩道を30分歩いて洞窟を見ることができなかったが、今となってはちょっと後悔している。

 

天の岩戸まで30分

 

神社の横にある物見やぐらのような3階建ての展望塔に登ってみた。

 

展望塔

 

展望塔の中にある何やら不思議な鐘?のようなもの。

これは「サヌカイトの石琴」と呼ばれる石の楽器。

サヌカイトは、今から約30万年前、まだ瀬戸内海が陸地だったときに、火山が爆発して流れ出し、生まれた珍しい石だそうだ。

 

おかんおかん

そっと叩いて、心が清く澄んでいたら、きれいな音色が響くんだって。

試してみたけど、にぶい音だったわ・・・。

 

サヌカイトの石琴

最後に

蒜山を訪れていて、ふと立ち寄った場所で、こんなに素晴らしいガーデンを楽しんだうえ、ドッグランで遊ばせてあげることもできた。

近くに行くことがあれば、ワンコ同伴でぜひ寄ってみていただきたい。

 

お土産の多肉♬
スポンサーリンク