ペットのフィラリアやノミ/マダ二薬などをお得に購入できる通販サイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ 旅のお供の酔い止め薬やジェネリック医薬品もたくさんそろってます。      ペットくすり  
スポンサーリンク

トイプードルとのお散歩、お勧めのリードは?

 

おとんおとん

二回目のワクチンも終わったことだし、そろそろお散歩デビュー?

 

ワクチンは計3回で1か月後にもう1度打つ予定だが、獣医さんからも「山の中や草むらで遊ぶのでなければ、お散歩も大丈夫でしょう」と許可をいただいたので、3ヵ月を前についに初めてのお散歩にチャレンジすることにした。

 

実は、一代目ノンの初のお散歩は、外が怖くて、道路に出て間もなくフリーズ 😯 。数メートル歩いて終わりになったのだ。ビビり具合が可愛くもあったけどね。

 

一代目のん一代目のん

電車や車を初めて見たからびっくりしたんですっ。

 

今回も、抱っこ散歩に終わるかも...と思いつつ、新品の首輪とリードで意気揚々と出発~!

 

この新調リードが、今回ご紹介する、Made in Germanyの「フレキシ(flexi)」。伸縮リードをお探しの方は参考にしていただければ嬉しいな。

 

伸縮リードってどんなリード?

伸縮リードとは、バネなどで自動的に巻き取ってくれる巻き取り式のロングリードを指す(軽量で安価な、手に巻きつける「手巻き式」もあるけれど、かさばって使いにくいので、ふだんのお散歩は巻き取り式が便利)。

 

ワンコの足取りに合わせて、紐が伸び縮みするので、犬本来の自由な動きが邪魔されないのと同時に、飼い主の思い通りにいつでも犬を制御することができるのが、伸縮リードの良さだ。

 

おかんおかん

わたしは先代犬のときから、ほぼほぼ伸縮リードしか使ってないかな。

 

特に、人口密度がめちゃ低い 😀 石垣島で過ごしているときは、伸縮ロングリードが大活躍!

 

石垣島の公園

ドイツ発の世界的ブランド「フレキシ」

New Comfort

 

「フレキシ」を知らない人のために、この会社について少し紹介しておこう。

 

伸縮リードの発明を行ったオリジナルブランドで、創業から45年以上伸縮リードのみの開発・改善を行っております。

全世界の90カ国以上のドッグオーナーに愛用される伸縮リードのリーディングブランドです。

 

リードはすべてドイツのフレキシ本社で従業員が手作業で製造しているとのこと。材料の購入から工程作業、最終段階の品質管理テストも「モノづくり」の国ドイツの工房で製造されているというから安心が持てる。また、高品質な素材を使って耐久性を高めているので、そこそこのお値段はするもののコスパは◎。

 

おかんおかん

わたしが買ったのは、最新のニューコンフォートのSサイズ、コード(紐)式の8メートル。

レッドも可愛いけど、洋服に合わせやすいからブラックをセレクト。

 

 

* ちなみに、コード(紐)タイプとテープタイプがあるけれど、コードは「コンパクトで使い易い」、テープは「耐久性を重視」という特徴がある。メーカーによると「元気いっぱいで体重11kg以上の場合にはテープをお選びください」とのこと。トイプードルのような小型犬ではコードで充分かも。

 

ニューコンフォートのSサイズのテープタイプは最長5mなので、それもあってコード型を選んだ。

 

おススメポイントはここ!

 

上でも言ったように、100項目以上の品質管理を経ているからクオリティには問題なく、世界各国で愛用されているだけあって使い易さにも優れているのだが、フレキシの特におススメしたい点は以下のとおりだ。

 

直観的なブレーキシステム

一部の人々が伸縮リードをお勧めしないという理由に、事故の心配が挙げられる。

 

確かに、きちんとロック(リードの長さの固定)できていないせいで、犬が突然走り出してリードが伸びていって、他の犬に咬みついたり、慌てた飼い主が転んでけがをしたり、というケースもあるようだ。

 

でも、最新のニューコンフォートでは、ブレーキが進化して、直観的に扱えるスライド式の「クイックブレーキシステム」が採用されている。

 

実際に使用してみても、ストップ(リードの伸縮を止めるブレーキ)もロック(リードの長さを固定)もかなりスムーズでストレスなく使える。

 

ただし、街中などでは、コードを長く伸ばしていて、歩く人や自転車にひっかけることが起こりえるので、使う場所によってはロックして短めに固定しておこう。

 

クイックブレーキ

8メートルの広可動域

 

わが家のワンコの場合、体重からすれば、1~4kgに収まるXSタイプが当てはまる。けれども、XSだと最大可動域が3mとかなり短め。最新のニューコンフォートでは、Sサイズのコードタイプ8mの製品が出た。

 

ごく大人しいワンコなら3mでも足りるかもしれないが、レビューでも良く書かれているように、元気な子なら5mでも物足りないようだ。特に、トイプードルは成犬になると、かなりの運動量になる。個人的には10mでもいいなと思うけれど、絡まる危険などを考えると8mくらいがベストかな。

 

河原で試してみたらあっという間に8mダッシュしちゃった 😆 

 

最大8m

豊富なバリエーション

カラーバリエーションが広いのもフレキシの魅力。

 

シンプルなブラックを選んだが、ピンクもかなりカワイイ♥。

 

「ニューネオン」は、本体の反射シールとリードのネオンカラーが、車のライトや街頭の光を反射して光るので、夜中のお散歩も安全・安心だ。安全面に加えて、ネオンカラーの色合いが何ともクールで、スポーツブランドを着てお散歩する飼い主ならまさにGOOD MATCH!

 

その他にも、美意識高い飼い主たちに合わせて、艶消しタイプや、高級感あふれるレザー、きらきら✨のスワロフスキーを扱ったタイプまで幅広くそろえられている。

 

 

アクセサリー(付属品)としては、お散歩時の懐中電灯代わりに使えるLEDライトと、ウンチ袋やオヤツを入れるマルチボックスとがある。

 

これらも揃えれば、手ぶらでお散歩!が実現しそうだ。

 

まとめ

 

伸縮リードは重たくて、女性には使いづらいという声も聞く。ただ、個人的には、気になるほどの重さだとは感じない。

 

事故に関しても、フレキシの場合は十分な品質管理がなされているので、リードの破損や不具合による事故は起きにくいと思う。逆に安すぎる伸縮リードは避けたいところだ。毎日使うものだから、取捨選択してベストなリードを選ぼう。

 

二代目のん二代目のん

今日のお散歩も楽しかったワン。

 

 

スポンサーリンク
■管理人お気に入りの無料動画(Firework )