スポンサーリンク

犬にも優しい彦根城の見どころは?

彦根城は、「国宝五城」の一つとして有名なお城。

*「国宝五城」とは、天守(てんしゅ:お城の建物のこと)が国宝に指定されている5つのお城で、姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城をいう。

 

おかんおかん

みなさんは5城のうちいくつ訪れたことがある?

嬉しいことに彦根城はペット同伴で入れると聞いて、春の陽気に誘われて桜祭り間近の彦根城に出かけてきたよ。

もちろん「ひこにゃん」にも会いたいっ。

 

ひこにゃんと彦根城

住所&アクセス

<住所>

滋賀県彦根市金亀町1−1

<アクセス>

大阪方面~名神高速「吹田IC」より約102km「彦根IC」下車 所要時間:約1時間

国道306号線を彦根市内方面へ 所要時間:約10分

合計所要時間:約1時間10分

駐車場

次の4つの観光駐車場は、どれもお城周辺を徒歩で散策できる範囲内

 

  • 京橋口駐車場 ・・・夢京橋キャッスルロードに近い。

<収容>普通:160台、大型:10台
<営業>年中無休  普通 24時間営業、大型 8:30〜18:00
<料金>普通:2時間まで200円、その後1時間ごとにプラス100円(1日最大800円)

大型:1500円

  • 二の丸駐車場 ・・・お城に近い

<収容>普通:40台
<営業>年中無休  8:30〜18:00
<料金>普通:1日400円

  • 桜場駐車場 ・・・玄宮園に近い

<収容>普通:70台
<営業>年中無休  8:30〜18:00
<料金>普通:1日400円

  • 大手前駐車場 ・・・お城と夢京橋キャッスル口一ドの間にある

<収容>普通:25台
<営業>年中無休  8:30〜18:00
<料金>乗用車:1日400円

広いぞ、彦根城

彦根城は思っていたより敷地がかなり広く、一周するのはなかなか大変な距離だ。

 

彦根城MAP(彦根観光ガイド(http://www.hikoneshi.com/jp/castle/map)より)

 

とても立派なお城に少々驚かされる。

近世の城で天守が残っているのは、弘前、松本、犬山、丸岡、彦根、姫路、備中松山、松江、丸亀、松山、宇和島、高知の12城。

このうち、松本、犬山、彦根、姫路、松江の5城の天守は国宝です。

彦根城築城は、将軍徳川家康公の命により佐和山城を一掃するため、慶長9年(1604)より着工されました。

当初は湖畔の磯山を予定していたといわれていますが、直継の代になって現在の彦根山に決定し、20年の歳月をかけて築城されました。

天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築。天守は2年足らずで完成しましたが、表御殿の造営、城郭改造など、城郭の完成は1622年とされています。

この間、井伊直孝は大坂冬の陣で兄直継に代わって出陣し、その功績によって家督を継ぎ、夏の陣では豊臣方の木村長門守重成と戦い大功をあげ、井伊直政(常に先鋒を務め、徳川四天王のひとり)に劣らぬ武将と賞賛されました。

直孝は、秀忠、家光、家綱の三代にわたって、将軍の執政となり、幕府政治確立にも貢献。これらの功により3回加増され、譜代大名としては例のない30万石となる。

彦根35万石といわれるのは、このほかに幕府領5万石の預かりがあり、合わせて35万石となります。天守は18万石の頃の完成でした。

彦根観光ガイド」より

 

<観覧時間>

8:30~17:00(入場は16:30まで)

<観覧料金>

彦根城・玄宮園

個人 団体
30名以上 100名以上 300名以上
一般 小・中学生 一般 小・中学生 一般 小・中学生 一般 小・中学生
800円 200円 720円 180円 640円 160円 560円 140円
玄宮園のみの観覧料
200円 100円 180円 90円 160円 80円 140円 70円

※表門、大手門、黒門、玄宮園、開国記念館前でチケットを購入できる

 

<ペットの入場について>

彦根城内へのペットの入場は、天守や各櫓などの建物の中はNGだが、建物の中以外は入場OK(リードでの歩行に限る)。

*ただし、介助犬はペットではないので同伴で入場可。

 

城への入口は、表門、大手門、黒門の3箇所から入れる。

わたしたちはメインの表門から向かう。

 

すると、チケット販売横の彦根城博物館前に人だかりが・・・。

人だかりの先に「ひこにゃん」を発見!

パフォーマンスには慣れているのか(笑)、殺陣姿もなかなか堂にいっている。

 

 

おかんおかん

目の前に現れたひこにゃんはやっぱりカワイイ!

モデルの元は白猫らしいね。

 

ひこにゃんは言わずと知れた彦根市のご当地キャラクター。

彦根城へは一日3回登場する予定なので、時間を合わせて出かけよう。

(平成29年9月26日~予定)

10:30〜11:00 彦根城天守前
13:30~14:00 彦根城博物館(冠木門)
15:00~15:30 彦根城博物館(冠木門)

ただし、雨天の場合は全て彦根城博物館に変更予定

 

入城ゲートをくぐり、階段を上っていく。

わんこには格好の運動場所、そしておとんとおかんにも日頃の運動不足解消になる。

 

階段を上るノン

 

「鐘の丸」という広場に到着。

ここからは彦根市からびわ湖まで見渡せる。

思ったよりも広い彦根の街。江戸時代に建てられたお城から、栄える現代の街を見下ろす不思議。

 

鐘の丸からの光景

 

鐘の丸から見える彦根市街

 

広場はワンコにとっては嬉しい場所なんだろう、鼻をクンクンさせながらマーキングに夢中♫

 

鐘の丸広場

 

この辺りには桜がたくさん植えられており、桜祭りの準備を始めている模様。

「桜まつり」・・・春になると彦根城を中心に約1,200本の桜が咲き乱れる。

日時:例年4月ごろ
場所:彦根城一帯
ライトアップあり

 

次に現れるのが、「落とし橋(廊下橋)」「天秤櫓(てんびんやぐら)」

この天秤櫓と呼ばれる建物は、大手門と表門からの道が合流する場所に建てられている。

非常時には、天秤櫓に続く落とし橋が落とされて侵入をはばむのだ。

天秤櫓は、真ん中の門を中心にして左右対称になっているので、まるで両方に荷物を下げた「天秤」のように見えるため、この名がつけられたのだという。

 

天秤櫓と落とし橋

 

下から見た天秤櫓と落とし橋

 

落とし橋から見下ろした光景

 

 

さらに続く階段

 

天秤櫓を通り、階段を上っていくと、目の前に雄大な「天守閣」が見えてくる。

 

天守閣

 

この天守閣広場からも、びわ湖や湖を取り巻く山々(伊吹山や金糞岳など)が綺麗に見渡せる。

早春のこの日は、山頂付近がまだ雪を残していて、その姿も風情がある。

 

天守閣広場

 

天守閣広場から北方向を臨む

 

 

天守閣広場でも、ひこにゃんが出迎えてくれる。

 

天守閣とひこにゃん

 

天守閣と開花間近の桜

 

 

ただし、ペットは天守閣の中には入れないので、広場から外観を堪能しよう。

スポンサーリンク

 

天守閣広場の西側には「西の丸」といわれる広場がある。

ここもびわ湖がよく見える広場で、桜の時期にはお花見スポットとしてにぎわう。

 

西の丸広場

 

ここを過ぎ、今度は一気に急勾配の階段を降りて行くと、内堀のある「黒門」の出入口にたどり着く。

 

急こう配の階段

 

内堀

 

内堀では、屋形船が周遊中。

<料金>大人1300円、小人600円
<運航>10:00~15:00(土日祝16:00)の1時間おきに運航

<ペット>残念ながら同伴不可

 

屋形舟

 

城内では人力車(ひこね亀樂車【ひこねきらくしゃ】)も走っているので、ちょっと違った楽しみ方もできる。

<料金>

ちょい乗りコース:10分 1,000円/1人、2,000円/2人
彦根散策コース:30分 4,000円/1人、6,000円//2人

<ペット>要相談(抱っこできる小型犬であれば可)

楽々園と玄宮園を優雅にお散歩

  • 楽々園(らくらくえん)

江戸時代初期に4代藩主の井伊直興によって造られたお屋敷群。

ペットと一緒に散策できる。

<料金>無料

 

御書院棟

 

「鳳翔台(ほうおうだい)は、「鳳凰が大空に飛び立つ場所」という意味で名づけられた建物。

当時は大事なお客様をもてなすところだったが、今は入園者の休息所になっている。

 

鳳凰台

 

楽々園入口の梅の木

 

  • 玄宮園(げんきゅうえん)

こちらも江戸時代初期に4代藩主の井伊直興によって造られた大名庭園。

広大な池を真ん中にして、入り江には9つの橋が架かり、滝を作るなど、バラエティ豊かな回遊式庭園を作り上げている。

ペットにとっては、ちょっとゼータクすぎるお散歩コース。

 

<料金>

玄宮園のみの観覧料
200円 100円 180円 90円 160円 80円 140円 70円

 

庭園内をお散歩

 

園内の広大な池

 

水鳥に興味津々のノン

 

玄宮園から臨む彦根城も味わいがある。

 

玄宮園から彦根城を臨む

 

毎年9月には「虫の音を聞く会」も催され、大名庭園ならではの趣が味わえる。

夢京橋キャッスルロードも楽しいよ

「夢京橋キャッスルロード」は、彦根城の南西方向に約400メートルくらい延びている城下町。

白壁と黒格子の町屋風に統一されていて、美味しそうなお店やお土産屋さんが並んでいる。

 

町屋風の建物

 

夢京橋キャッスルロード

 

おとんおとん

ちょっと飛騨高山に似てる感じだね。

近江牛がとっても美味しそうだね!

ぶらり散策をしていると、犬OKの気になるお店を発見!

 

近江バーガー「LU-PAN」

鶴瓶さんの「家族に乾杯」でも紹介された近江バーガーの名店。

お店を訪れた芸能人のサインが他にもたくさん飾られていた。

 

LU-PAN外観

 

一から作るため、時間が少々かかるけど、それに見合う満足感が得られる。

ハンバーガーだけでなく、飲み物やサイドメニューの種類も豊富。

 

ペットOK!

 

店内の席もワンコ立ち入りOKなので、ゆっくりとお茶でも飲みながら休憩するのもイイね。

 

LU-PAN内観

 

ワンコののぼりに誘われて立ち寄ったペットショップ。

 

 

お手頃なペットの洋服やオヤツなどが所狭しと並べられている。

 

店内の模様

 

驚いたことに、近江牛をはじめとする滋賀の食材や、地酒、ドリンクなどを居酒屋感覚で楽しめるお店に、なんと「ワンちゃんコーナー」が用意されている。

 

近江や外観

 

今回は利用しなかったけど興味津々。

 

まさに居酒屋

 

  • 宗安寺

京橋通りを歩いていて、ふと行き過ぎた浄土宗のお寺。

宗安寺の正門は、佐和山城(近江の佐和山にあったお城)の正門を移築したものだという。

大坂夏の陣で大活躍した豊臣家の忠臣、木村長門守重成(きむらながとのかみしげなり)が弔われている。

 

宗安寺境内

 

本殿で参拝

まとめ

彦根城は国宝にもかかわらず、城内をペットと散策できるという貴重な場所。

それに併設されている玄宮園も、幻想的でとても美しく、趣がある。

そして、「ひこにゃん」や「夢京橋キャッスルロード」というお楽しみもあるので、ペット同伴のオススメスポットの一つ。

春の桜や秋の紅葉に合わせて訪れると、もっと楽しめそうだね♬

スポンサーリンク