スポンサーリンク

お買い物の後は浜風を受けながらお散歩しよう

コチラ↓の記事をはじめ、ワンコとアウトレットについていくつか紹介させていただいた。

リーズナブルにオシャレを楽しみたいわたしはアウトレット大好き。

 

 

愛犬と三井アウトレット「滋賀竜王」へ-ペット同伴で買い物の後はちょっと寄り道

三田アウトレットはペット同伴可?-近隣ドッグランと観光地もチェック

 

おかんおかん

さて、今回紹介するのは、気持ちよいお天気の日に特に訪れてもらいたいアウトレット。

お買い物だけでなく、浜風を受けながらワンコとのんびり過ごせるステキな場所なのだ。

おとんおとん

子供とパパとママとワンコ、二手に分かれて自由に別行動するのもイイね。

 

マリンピア神戸全景

住所&アクセス

<車で>

  • 「名谷IC」から

「名谷インター北」交差点を左折し、2つ目の信号「名谷町」交差点を左折。
道なりに走り国道2号線の「福田川」交差点を直進、 または「マリンピア神戸前」を左折。

  •  国道2号線を大阪方面から
    「福田川」交差点を左折。
  • 国道2号線を明石方面から
    「マリンピア神戸前」交差点を右折。

<電車で>

  • JR神戸線「垂水駅」
  • 山陽電車「山陽垂水駅」

どちらの駅からも徒歩10分程度。垂水駅西口からは土日祝日は無料シャトルバスあり。

 

おかんおかん

私たちが訪れた日曜日はさほどではなかったけど、

セール時の土日などはかなりの渋滞が予測されるみたい。

ワンコ同伴でなかったら公共交通機関が便利かな。

今なら平日無料の駐車場

1店舗で3,000円以上(税込)で、各店舗で1時間の駐車サービスあり。

最大2店舗、2時間まで無料。

所在地 垂水区海岸通
お問い合わせ 078-704-5461
営業時間 6:00~23:00
料金 200円/1時間

多くのアウトレットでは、一定以上の買い物をしたら無料の場所も多いので、1時間200円は高額な印象。

ただし、2018年1月4日~4月27日までは、1円以上のお買い物で、平日駐車場無料。

このチャンスをお見逃しなく。

マリンピア神戸での過ごし方

ペットの入店について

残念ながら、マリンピア神戸は基本的に建物内への立ち入り不可。

 

三井アウトレットパーク マリンピア神戸では、
盲導犬・介助犬・聴導犬以外のペットのご入館はご遠慮いただいております。
ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

犬同伴可能な店舗は、ドッググッズのショップ「DOD DEPT」くらいだ。

 

DOD DEPT

ペットOKの場所

しかし、食事やお茶に関しては、「STARBACKS COFFEE」や「マクドナルド」など、テイクアウトできる飲食店も多く、テラス席でペットと一緒に飲食できる。

店舗前以外にもベンチやテラスが各所に設置されているので、休憩しながら代わりばんこにお買い物するといい。

比較的こじんまりとしたアウトレットなので、見て回りやすく、目当てのものを探すにはかえって便利かも。

 

スターバックス前

 

わたしのおススメのレストランは、シーポートレストラン「LOCHE MARKET STORE(ローチェ・マーケット・ストア)」。

テラス席はワンコOK♬

 

関連ランキング:イタリアン | 垂水駅山陽垂水駅霞ケ丘駅

 

ローチェのテラス席

 

明石海峡大橋を臨むテラス席は開放感いっぱい。

焼きたてのパリパリ窯焼きビザが看板メニュー。野菜ビュッフェとドリンクバーがお得。

この日も何匹かのワンコが家族と一緒にランチを楽しんでいた。

子供向けサービス

アウトレット施設の海側には、子供たちが十分に走り回れる大きな広場が広がる。

マリーナにはたくさんの船が係留されていて、リゾート感満載だ。

ここでしばし休憩。

 

アウトレット海側の広場

 

マリーナ横を散歩するワンコ

 

しかし、子供たちが心ひかれるのはコチラの「海賊船」だろう。

船上に登って、大砲の音をドーンと鳴らしたり、滑り台をすべったりすることができ、「ワンピース」気分を味わえる。

 

海賊船

 

施設内をゆっくりと走るミニSLのポッポ電車。

ママがベビーカーを押しながらでも一緒に歩ける速さなので、小さな子供でも安心だ。

 

ポッポ電車

アジュール舞子をお散歩

わたしたち(というより一人と一匹を残してわたし)は、お目当ての夏物を無事ゲットした。

この後は、わが家のワンコのお楽しみのお散歩タイム。

 

アウトレット施設からマリーナを過ぎ、「アジュール舞子」へと向かう。

 

アジュール舞子とは白砂青松の景勝地「舞子の浜」を復元した公園

松林や芝生公園や長さ約800mの美しい砂浜が広がっている。

明石海峡大橋と淡路島が一望でき、夏には砂浜が海水浴場としても利用される。

 

アジュール舞子MAP

 

おかんおかん

「アジュール」はフランス語で「青」の意味。

南仏のコートダジュールのような街になるように願いを込めて、一般公募で決まった名前なんだって。

海沿いの舗道は散歩コースにぴったり。

写真に映っているのは、有料老人ホームの「ザ・レジデンス神戸舞子」。

おだやかな海を眺めながら優雅な余生を過ごせそうだ。

 

ザ・レジデンス神戸舞子

 

海開き前だが、すでに砂浜ではたくさんの人々がキャンプを張ってバーベキューを楽しんでいる。

 

バーベキュー中の人々

 

ただ、残念なことに砂浜への犬の立ち入りはNG!

スポンサーリンク

 

ワンコNG!

砂浜はNGだけど、芝生広場はもちろん犬OK。

明石海峡大橋が大きく目の前に現れる。

 

目の前に明石海峡大橋

 

ノンノン

浜風が気持ちいいね!

芝生広場の奥には、舞子浜の象徴とも言える、約1800本もの松の木が立ち並ぶ。

江戸時代、安藤広重(1797~1858)は、「東海道五拾三次」で「舞子の浜」を描いたが、現代はこれに明石海峡大橋も加わり、まさに天下の名勝と呼ばれるにふさわしい場所だ。

 

舞子の松

 

芝生広場を過ぎ、突端にたたずむのが「ホテルセトレ」

ホテルセトレ外観

 

ホテルセトレの向こうに、「シーサイドホテル舞子ビラ」が見える。



マリンピア神戸からセトレまでの往復は、ウォーキングコースとしても、ジョギングコースとしても、そしてなんといってもワンコのお散歩コースとしても最高だ。

 

セトレ(手前側)と舞子ビラ(向こう側)

まとめ

今回は、淡路島と明石海峡大橋を臨むという絶好のロケーションにあるアウトレット「マリンピア神戸」を紹介した。

正直に言えば、建物内にワンコを同伴させることがほぼできないので、犬に優しいアウトレットとは言えない。

でも、一緒に食事したり、そのあとで風光明媚な場所でお散歩したり、ワンコと一緒に十分楽しい時間が過ごせる。

ぜひ一度訪れていただきたい。

スポンサーリンク