スポンサーリンク

ぶどう畑の広がる公園で愛犬とワインを堪能♬

 

おとんおとん

神戸市の郊外には自然を活かしたテーマパークがいくつかあるんだよね。

「フルーツフラワーパーク」
「六甲山牧場」
「海づり公園」

そして今回ご紹介する「神戸ワイナリー」。

「フルーツフラワーパーク」についてはコチラ↓で。

 

 

これらの施設はどれも「一般財団法人・神戸みのりの公社」が運営する施設で、農業・漁業の発展と、市民サービスの向上を目的としている。

つまり、営利目的ではなくほぼ公共施設なので、とってもリーズナブルな料金で遊べるのが嬉しい。

 

今回はオカンの好物の「ワイン」とノンの好物「公園」を楽しみにお出かけすることに。

 

おかんおかん

ワイナリーと酒蔵巡りは、わたしの趣味の1つなのだ。

住所&アクセス


<アクセス>

~大阪市内より

  1. 中国自動車道~山陽自動車道~神戸淡路鳴門自動車道 「神戸西IC」下車 西へ約10分
  2. 阪神高速3号神戸線~阪神高速31号神戸山手線~阪神高速7号北神戸線 「前開IC」下車 北へ約10分

神戸ワイナリー概要

<駐車場>無料
<入園料>無料
<営業時間>9:00~17:00
<開園日>年中無休 ※ただし年末年始及び2月の施設点検期間は除く。

神戸ワイナリーってこんなところ

入場ゲートをくぐると、広い駐車場が見えてくる。

収容台数がかなりあるので、満車になる心配はほとんどないだろう。

 

入場ゲート

 

早速、車を停めて西欧風の城のような建物(通称「ワイン城」)へ歩いて向かう。

 

ワイン城

 

建物の中に入ると、いくつかの施設に取り囲まれたキレイな「中央広場」が現れる(中央広場付近案内図)。

 

中央広場

 

運営会社が同じなせいか、どことなく雰囲気がフルーツフラワーパークに似ている。

さて、中央広場をワンコと一緒に探検してみよう!

 

ワインショップ

この農園で栽培~熟成~加工されたワインの直売所で試飲もできる。

残念ながら、こちらはワンコNG。

そこで、わたしだけがショップに潜入。

 

ワインショップ入口

 

ワインの他にも、ワインのアテにぴったりの名産品などが販売されている。

 

ワインショップ内観

 

神戸ワインの赤と白をゲット!

白はちょっと甘口。

 

神戸ワイン

ワインの製造工程を知ろう

通路からは、ワインが熟成してから瓶詰めされるまでの製造過程が見学できる。

 

通路から見学

 

地下の熟成館

ワイナリーカフェ

<営業日>年中無休 ※ただし年末年始及び2月の施設点検期間は除く
<営業時間>11:00~16:00
<ペット>テラス席ではペット可(リードホックも用意されている)

 

ワイナリーカフェ

 

テラス席

カレーやうどんもあるカジュアルな雰囲気のカフェ。

神戸・北野の人気ビストロ「近藤亭」によるキッシュ専門店「きっしゅや」のキッシュも人気なようだ。

もちろん、ワインもセットにできる。

テイクアウトもあるので、わたしたちは「ミンチカツバーガー」をテイクアウトすることに。

 

テイクアウトメニュー

 

ミンチカツバーガー

アグロガーデンレストラン

<営業時間>11:00~17:00(ラストオーダー 16:00)
<ペット>テラス席はあるが、残念ながら同伴不可

地元の農家から直送された新鮮な野菜を使ったサラダの他、パスタ・ステーキ・魚介グリル・ハンバーグなどが食べられる。

人気メニューは健康的な「サラダバイキング」。ワインの飲み放題プランもあるのが嬉しい。

テラス席、ワンコOKならいいのにな!

 

テラス席

神戸ワイナリーの園内をお散歩

中央広場から出ると、一面にブドウ畑が広がっている。

この辺りは、雨が少なく、日当たりが良く、水はけが良い、というブドウ栽培に適した条件がそろっているらしい。

神戸ワイナリーは国内で有数のワイン専用ブドウ畑を持っていて、この畑以外にも、平野(ひらの)地区、大沢(おおぞう)地区に広大なブドウ畑がある。

スポンサーリンク

すべて合わせると、甲子園球場約30個分にもなる広さなのだ。

 

そして、この広いブドウ畑は、ワンコにとってまさに格好のウォーキングスポット。

季節毎の花などを楽しみながら気持ちよくお散歩できる。

  • 春・・・桜、菜の花、さつき、つつじ
  • 夏・・・バラ、あじさい、ひまわり、そして8月終わり~9月にはブドウの収穫
  • 秋・・・バラ、コスモス
  • 冬・・・梅

 

ブドウ畑

 

ブドウ畑でお散歩中

 

おかんおかん

ここで農家の人たちが一生懸命に育てたブドウが、美味しいワインに変わるんだよね~。

広大な園内にはいろいろな施設がある。

バーベキュー場

<営業時間>  11:00~17:00 (ラストオーダー16:00)
<ペット>リードホック付きの同伴可テーブルあり

中央広場にあるアグロガーデンが運営している広いバーベキュー場で、1000席(屋根付き)が用意されている。

ワインを飲みながらの神戸ビーフや神戸ポーク、それに地元の新鮮野菜などが美味しそうだ。食材の持ち込みコースも可能。

いい季節のお天気の日には、犬🐩と一緒に神戸牛をいただくというゼータクを味わいたい。

 

バーベキューエリア

 

バーベキューサイト

陶芸館

コチラでは週4日、陶芸教室が行われている。

<教室開催日>月・木・土・日曜日
<教室時間>
・午前の部 10:00~12:00(受付11:00まで)
・午後の部 14:00~16:00(受付15:00まで)

 

陶芸館

 

陶芸館の窯

 

炭焼場

バンパーボート

<開催>3月下旬~11月の土日祝(雨天中止) 受付10:00~16:00
<料金>1人乗り300円、2人乗り600円

エンジン付きの円形のボートで、小さい子供には大人気。

 

バンパーポート

パターゴルフ

<開催>3月下旬~11月の土日祝(雨天中止) 受付10:00~15:30
<料金>9ホール400円、18ホール700円

ゴーカート

<開催>3月下旬~11月の土日祝(雨天中止) 受付10:00~16:00
<料金>1人乗り400円、2人乗り600円

 

冬期にはこれらの施設は休業となるのでご注意!

 

遊戯施設休業中

民具農具館

園内の奥の方に、思いがけず古民家がたたずんでいる。

屋根は茅葺(かわらぶき)で、江戸時代の建築様式。

縁側には「かかしの人形」が座っていて、そのリアル感がとってもユニーク。

 

かかしの人形

 

人間と思い込んだノンは、相手にしてもらおうとコビコビ中(笑)。

 

かかしがやって来た

 

古民家の中

芝生広場

民具農具館の前に広がる芝生広場は、ワンちゃんの運動には絶好の場所。

 

おとんおとん

明らかにノンのテンションが上がってるね。

 

芝生広場

 

お散歩コース

 

天気の良い日には、お弁当持参でワンコとたわむれるのも楽しいだろう。

農協市場館「六甲のめぐみ」

神戸ワイナリーからの帰り道1分のところに、JA兵庫が運営している直売所「六甲のめぐみ」がある。

地元の新鮮な野菜がお安く買えるので、ぜひ立ち寄りたい場所。

 



 

六甲のめぐみ店内

 

わたしたちもこの日はわさび菜やはっさくなどを購入。

生産者の顔が見えるような直売所で手に入る野菜や果物は、お得というだけでなく格別な味だね。

 

わさび菜とはっさく

まとめ

神戸ワイナリーは、ワンちゃんのお散歩にはとてもおススメの場所。

特にお天気の良い日には、飼い主もワンちゃんも気持ち良く運動できる。

何といっても、嬉しいことに入園料も駐車料も無料!

気軽に遊びに訪れていただきたい。

スポンサーリンク