スポンサーリンク

ペットと散策する神戸ベイエリアのおすすめスポット!

 

おとんおとん

最近は、京都や奈良の世界遺産の神社仏閣巡りが我が家のブーム。

今回は趣向を変えて、開港150年を迎えた神戸港へ出かけてきたよ。

神戸港は昔から関西のデートスポットとして有名だったが、古い波止場の良さを残しつつ、震災後も復旧作業を重ね、新しい魅力を加え続けている。

 

おかんおかん

神戸はよく遊びに行ってるけど、メリケンパークにワンコと一緒に出かけるのは初めてかも。

神戸港の公園「メリケンパーク」は、港のシンボル「ポートタワー」をはじめ、スタイリッシュなホテルや、印象的な建物に囲まれたオシャレスポット。

インスタ映えする場所があり過ぎて、ついついたくさん写真を撮りたくなってくる。

 

 

 

でも、何よりも、爽やかな潮風を感じながら、美しい海と行き交う船を眺めつつ、愛犬とまったりとお散歩するのがいやされる。

住所・アクセス

<住所>

<アクセス>

阪神高速3号神戸線「京橋」下車2分

国道2号線から1分

駐車場

駐車場は以下3カ所にあり、オススメは①→②→③の順。

①「ハーバーランド・umie駐車場」

隣のハーバーランド内の「umie立体駐車場」「umie地下駐車場」「umieモザイク駐車場」の3つ。

メリケンパークまで徒歩数分と近く、平日ならば3時間無料のうえ、提携店でのお買い物2000円以上でさらに1時間無料になる。

(平日) 3時間無料 以降30分ごとに200円
(土・日・祝) 2時間無料 以降30分ごとに200円

② 「タイムズ メリケンパーク」

メリケンパーク内(オリエンタルホテル前)の便利な場所にある。

(平日) 1時間無料 以降30分ごとに200円
(土・日・祝) 30分無料 以降30分ごとに200円

③ 「メリケンパーク駐車場」

メリケンパークの北側(ホテルオークラ神戸前)にある。

(全日) 30分ごとに200円

神戸港の中突堤(かもめりあ)周辺

ハーバーランド(モザイク、umie)とメリケンパークの間の中突堤中央ターミナル(通称かもめりあ)は、人々がつどう憩いの場。

休日には大道芸人がショーを楽しませてくれることも。

神戸港の周遊船

中突堤中央ターミナル(通称かもめりあ)前あたりからは、4つの周遊船が出航している。

残念ながら、2018年2月時点では、いずれもペット同伴不可(涙)

 

  • 「神戸シーバス クルージングカフェ ファンタジー号」

(運行時間)10時~17時の1時間ごとに運航
(所要時間)約45分間
(乗船料金)大人1200円
(乗り場)かもめリあ前

  • 「神戸ベイクルーズ オーシャンプリンス」

(運行時間)11:15〜16:15の毎時15分に運航
(所要時間)約45分間
(乗船料金)大人1100円
(乗り場)かもめリあ前

  • 「神戸ベイクルーズ ロイヤルプリンセス」

(運行時間)10:45〜16:45の毎時45分に運航
(所要時間)約40分間
(乗船料金)大人1100円
(乗り場)かもめリあ前

  • 「CONCERT(コンチェルト)」

船上から神戸の夜景を楽しむことができるのはこの船だけ。

ロマンチックな時間を過ごせそうだ。

(運行時間)12:00~14:00(ランチ); 14:30~16:00(ティー); 16:45~18:30(トワイライト); 19:30~21:30(ナイト)
(所要時間)約1時間半~2時間
(乗船料金)大人2200~3000円
(乗り場)モザイク前(この船だけがモザイク前となるので注意)

 

(左手)かもめりあ(右手)周遊船乗り場

 

コンチェルト号

 

ノンノン

少し前はペット同伴可の船もあったみたいだよ。

キャリーバックに入るから一緒に乗らせて欲しいな!

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド

外国のリゾートホテルのような真っ白な外観が女子の心にささる高級ホテル。全室オーシャンビューで、カップルにはとってもオススメ。

ただし残念ながらペット同伴不可

オープン当初、女友だちと女子会でお泊りして、優雅なディナーやエステを楽しんだけど、今のわたしはワンコと一緒の方が楽しいのだ。

 

お部屋から

 

バルコニーから見える光景

 

ノートルダム神戸

一見ホテルのように見えるが、愛グループ株式会社日本セレモ二ーが全国展開している結婚式場だ。

山と海の両方を見わたせる抜群のロケーションが、カップルの門出となる日のステキな想い出を作ってくれるだろう。

この日もオープンテラスから、披露宴の歓声が響いてきた。

残念ながらペット同伴不可

 

ノートルダム神戸

神戸ポートタワー

神戸のシンボル、全高108mの赤い「ポートタワー」が見える。

みなさまお馴染みのFMラジオ局「Kiss FM  KOBE」はお隣。

1963年完成のポートタワーは今54歳。

 

(左手)Kiss FM KOBE(右手)ポートタワー

 

おとんおとん

この間テレビでやってたけど、どうして赤色か知ってる?

ノンノン

どうして?

おとんおとん

最初はシルバーの予定だったけど、当時は飛行機の規制で目立つ色にしないといけなかったみたい。

でもシルバーより赤の方が雰囲気があってイイよね!

(利用時間)
3月~11月 9:00~21:00(最終入場 20:30)
12月~2月 9:00~19:00(最終入場 18:30)
(利用料金)
大人700円

こちらも残念ながらペット同伴不可

オリエンタルホテル

そして、こちらもすっかり神戸のシンボルともなったオーシャンビューが素敵なホテル。

少し変わった建物は「船」とも「白波」とも言われており、目の前の海と絶妙にマッチしている。

全室バルコニー付きというのも嬉しい。

 

オリエンタルホテル

こちらも現在はペット同伴不可

 

ホテルオークラ神戸

神戸のホテルと言えば「オークラ」という人も多い、神戸を代表するホテル。

ペット同伴の宿泊や飲食は不可だが、ホテル内にドッグホテル「フェリーチェ」がある。

(一時預り時間) AM10:00~PM7:00
(一時預り料金) 1時間まで ¥1,080; 1時間以上 ¥2,160

 

下の写真でポートタワーとオリエンタルホテルの間に建つ高層ホテルがオークラだ。

 

中央がホテルオークラ

 



このように、中突堤周辺は、残念ながらペットと一緒に建物の中には入れないけど、お洒落なホテルやポートタワーを見ながら広い埠頭を散策できる。

今日のようにお天気が良い日は、潮風に吹かれながら、カモメやハトを追いかけて遊ぶのもとっても楽しい。

ワンコって鳥が気になるよね~。

 

オリエンタルホテルを臨んで

 

ハトがたくさんいるね♬

メリケンパーク

突堤の隣に広々と広がるのがメリケンパーク。

 

メリケンパーク

 

さすがオシャレの街、神戸。イケてる「スタバ」を発見!(スターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店)

 

スターバックスメリケンパーク店

 

海を眺めながらのコーヒーの味はまた格別。

こちらはテラス席でペットと同伴できるのが嬉しい。

外国人客や犬連れの客が多いのもまた神戸らしい。

 

スタバテラス席

 

リードフックあり

 

スタバの横に立つ不思議なオブジェは「オルタンシアの鐘」

オルタンシアとは、フランス語で神戸市の花(あじさい)を意味している。

このオブジェは、1990年に第1回神戸ファッションフェスティバルを記念して設置されたもので、大震災までは一日に4回鐘が鳴らされていたらしい。

 

オルタンシアの鐘

 

その先には、インスタグラムに挙げる人たちが続出して話題になった「BE KOBE」のロゴマークが見える。

 

BE KOBE

 

おとんおとん

夜になるとこのロゴマークがカラーライティングされるみたいだよ。

 

「BE KOBE」とは、阪神・淡路大震災(平成7年1月17日発生)から20年を機に生まれたロゴマーク。

直訳すると「神戸であれ」という意味で、神戸市民であることを誇りに思う気持ちの神戸の合言葉。

 

今から23年前の大震災当時は、このメリケンパークも裂け目ができて使用できなくなった。

今ではその面影がまったく感じられず、整然と美しい。

でも、公園の北東角の「神戸港震災メモリアルパーク」には、震災当時の様子がそのまま保存されているので、ぜひ見学していただきたい。

 

公園の中央には石碑のモニュメント(映画記念碑)がある。

この映画記念碑は、中央部分が四角く切り抜かれていて、スクリーンをあらわしている。

その前には、客席にみたてられた映画スターの名前が刻まれた石碑が並んでいる。

神戸が昔から映画と縁が深いことから生まれたようだ。

 

スターの名前が刻まれた石碑

 

公園の入口付近には大きな建物「神戸海洋博物館」が見える。

国際港湾都市「神戸」の歴史、船や港の仕組みや役割、さまざまな先進技術が投入された船艇の展示などがある。

川崎重工業の企業博物館「カワサキワールド」も併設されている。

(入館時間)10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
(入館料金)大人600円

ただし、ペット同伴不可

 

公園内では、歓声を上げる修学旅行生の団体やカップル、健康的にお散歩しているシニアの方、外国人旅行客、皆それぞれが思い思いに時間と空間を楽しんでいる。

もちろん、お散歩しているワンコたちも。

 

公園をお散歩

 

目の前にスターバックス

まとめ

メリケンパークは、北に六甲山、南に港とクルーズ船、お洒落なホテルやカフェ、ハーバーランド・モザイクの観覧車、とロケーションは抜群!

そんな景色の中で、埠頭やメリケンパークをワンちゃんと楽しくお散歩することができる。

ぜひ愛犬と一緒に訪れていただきたいな。

 

おかんおかん

海好きのわたしは神戸への移住も真剣に考えたいっ。

 

スポンサーリンク