スポンサーリンク

玄関の「犬」シールは飼養標識(門標)といいます

家の玄関によく貼られている「犬」のマーク。

自分で犬を飼うまではあまり意識していなかったけれど、あれにはどんな意味があるんだろう。

 

おかんおかん

子供の頃、「猛犬注意!」のステッカーが怖くて、友だちの家に入れなかった。

実は犬を飼っていなくても、防犯目的で貼られてることもあるみたいね。

 

 

「犬」シールは、本当はどんな意味があるの?

自分で買うの、それともどこかでもらえるの?

自由に作ってもいいの?

毎年、貼り変える必要があるの?

 

意外とイロイロ気になることも出てきたので調べてみた。

今回はわたしが住んでいる大阪府の例を紹介したい。

大きな違いはないと思うが、正確な情報に関してはみなさまのお住いの都道府県のHP等をごらんください。

門標(シール)は義務なの?自分で作ってもいいの?

大阪府の規則では次のように定められている。

犬の飼い主は、住居の出入り口等人の見やすい所に、犬を飼育していることを表示しなければなりません。

文字、イラスト、写真またはこれらの組み合わせで表示してください。

(大阪府動物の愛護及び管理に関する規則第4条)

 

ということで、罰則はないものの、犬がいることを示すマークを表示することは義務なのだ。

わたしが最初に貼ったのは下の写真のシール。

購入した覚えがないので、おそらく居住する市で「飼い犬の登録*」を行ったときに市役所でいただいたのだと思う。

*(大阪市)犬を飼う場合、飼い主は、犬を取得した日(生後90日以内の犬については90日が経過した日)から30日以内に、犬の登録をしなければなりません。

 

飼い犬の飼養標識

門標の入手方法

何だかこんなふうに文字だけでは味気ない・・・と思われるかも。

そんなときは、大阪府の規則「文字、イラスト、写真またはこれらの組み合わせ」を守って自分で作成することもできる。

愛犬の写真を印刷するのもあり。

自分で作成するときは、雨風に触れても大丈夫なように、防水加工のシール用紙を使うのがオススメだ。

門標は劣化して見えにくくなるまで毎年更新する必要はない

 

自分で作るのが面倒くさいときは、もちろん市販のステッカーを利用してもよい。

たとえば、犬種毎にいろんなシールがお手軽な値段で販売されている。

スポンサーリンク

 

 

大阪府の犬シールがカワイイ!

 

おかんおかん

市販のシールもオシャレなものがあるね。

でも、私が気に入っているのは大阪府の獣医師会が配っている門標。

狂犬病の注射を打てば病院でもらえるのだ。

日本では「狂犬病予防法」で、年1回予防注射を受けることが義務づけられている(狂犬病予防法第5条)。

 

大阪府の犬シール

 

以前はシンプルな「犬」と書かれたシールだったが、2013年度から飼い主たちからの意見を元に、ワンコのイラスト入りのデザインにリニューアルされた。

 

2015年度は待ちに待ったプードル。黒プードルでないことが少し残念。

狂犬病の注射を打つ5月頃になると、このシールが1枚増える。

マンションの玄関がうるさくなるけれど、今年もシールを貼ることができたという喜びが勝る。

まだまだ貼り続けていきたいな。

 

みなさんの県の犬シールも見てみたい!

旅先の楽しみが増えたかも。

 

スポンサーリンク