スポンサーリンク

 

青森の星野リゾートへ!

奥入瀬渓流ホテルってこんなとこ

本日の宿は星野リゾート-奥入瀬渓流ホテル

経営不振に悩むリゾート施設や旅館を次々と再生して話題になっている。こちらは経営破綻した旧「奥入瀬グランドホテル」を買収し、渓流沿いにたたずむ国内唯一の温泉ホテルとして復活した。そのせいか建物の外観はちと古めかな。少々オシャレな山小屋をイメージすればいいだろう。

しかし、遠い!遠いよ!

もしも大阪から青森まで車でぶっ通しで走ったとしたら15時間くらい?

もちろんわたしたちは、富山、秋田と泊まりながら数日間かけてやってきた。駐車している車は関西ナンバーどころか関東ナンバーすら珍しい。異国の地に降り立った感が満載だが、それが旅気分を一層盛り上げてくれる。

 

iphone-2016-10-07-10-48-05-729

 

外観は少しレトロだけれど、岡本太郎作の巨大暖炉「森の神話」が出迎えてくれ圧倒される。大きな窓がまるで額縁のように奥入瀬の森を一枚の絵として切り取っている。このロケーションだけで、もうホテルの少々の欠点なんて吹き飛んでしまうかも。

 

%e5%a5%a5%e5%85%a5%e7%80%ac%ef%bc%96

 

時は10月。残念ながら紅葉にはあと一歩の時期。それでも緑が目に痛いほど鮮やかで、初秋の香りと共に爽やかな風が身体の中を行きすぎる。

 

iphone-2016-10-08-09-45-20-758

 

昼には奥入瀬の森を見ながら、ゆっくりと湧き水コーヒータイム。夜になると、揺らめく暖炉の炎のそばでカクテルBARもオープン。

ガイドと一緒に徒歩やクロスバイクでアクティブに動き回るのももいいけどね、疲れたアラフィフ夫婦には、細胞を蘇らせる、ゆったりと流れる時間が必要なのだ。

あ、忘れてた。客室以外はワンコの立入はNGなので、疲れたはずの我が家の元気印も今晩はゆっくりと部屋で休養だ。

ペットルームを覗いてみよう

ちなみに星野リゾートでは、ペットと泊まれる宿-愛犬と一緒に旅行しよう-として、「星のや軽井沢」、「リゾナーレ八ヶ岳」、「リゾナーレトマム」、「磐梯山温泉ホテル」、「奥入瀬渓流ホテル」、「界 鬼怒川」の6箇所。

「今日は何匹泊まってますか?」

と尋ねたところ、驚くことにペットルームは200弱の部屋数のうち、端っこのわずか1室だという。

館内はキャリーバッグに入れてのみ立ち入り可。食事中はお部屋でお留守番。駐車スペースは別の車とは異なる場所の一角に限定。泊めていただけるのはありがたいのだが

「愛犬の喜ぶロケーション・滞在をサポートするサービスはもちろんこと、ペットオーナーもご満足いただける施設をご紹介いたします」

と堂々と語るほど、犬歓迎ムードではない。当然ながら、滞在中は他のワンコと出会うことは皆無(騒ぎにならないので、あえてかな?)。

<お部屋概要>
・マットレスパッド「エアウィーヴ」採用
・ベッド(140×205)
・フットマッサージャー
・バスルーム×1
・洗面台×1
・ウォシュレット付きトイレ×1
・液晶テレビ40インチ
・アメニティ
・電気ケトル×1
・冷蔵庫×1
・金庫×1
・応接セット
※広さ 44m²
※収容人数 最大2名

スポンサーリンク

<ペット用備品>
・ペットシーツ(排尿吸収・脱臭シート)
・ゴミ袋
・洗面器
・新聞紙
・ケージ 90cm×62cm×62cm
・足拭き用布
・消臭スプレー
・粘着テープ(コロコロ)
・ビニール袋
・ステンレス製食器 2個

詳細は↓の動画をどうぞ。

 

 

お気に召したかな? りんごクッキーはお気に入りの模様。

でも大丈夫。さっき言ったように、部屋や館内よりも奥入瀬にはもっともっと素敵な場所がある。明日は森へと探検に出かけよう。いつもとひと味もふた味も違ったお散歩になるはず。

 

いつもよりひっそりとした夜の中。良い夢を見られるようにお休み・・・。

 

スポンサーリンク