スポンサーリンク

毛についたウンチが取れない!!

おかんおかん

みなさんの愛犬はウンチをどこでする?

外でのウンチで困った経験ない?

 

うちのワンコは、排泄は散歩中にお外でしかしないので困る・・・

 

という悩みをよく聞く。

そうなると、雨の日も雪の日も散歩に行かなくちゃならない。我が家のワンコは室内のトイレでするようにしつけているけど、実は外でのウンチも大好きみたい。

それも原っぱや木のたもとじゃなくて、道のど真ん中、特に人が見ているとき(笑)。

 

本日の散歩は扇町(おうぎまち)公園まで少し遠出。

 




関西テレビ横、大阪扇町の区内最大の公園である扇町公園については、公園シリーズでまたの機会に。

ウンチの臭いはカメムシ級!

楽しく散歩して、さあ帰ろうというときにウンチの姿勢のノン。

さて、とウンチの始末をしようとしたら、エチケット袋の用意をしている間にウンチの姿が消えている。

「錯覚だった?」とふしぎに思いつつ、抱き上げると、

臭い!

軟らかいウンチが、お尻と、その周りの毛にまとわりつき、おまけにそのウンを自分の脚で踏んでいる。

そして、抱き上げた私の手と、お気に入りのカシミアマフラーに、ウンチがべったりと付いて、その場は阿鼻叫喚。

拭いても拭いても毛に絡みついたウンチは取れないし、洗っても洗っても手にこびりついたウン臭は消えてくれない。まさにカメムシ級。

「ウンチが毛にからみつく」悩みは、トイプードルあるあるだと思う。

ウンチの取り方

さて、こびりついたウン、さらに固まってしまったウンチをキレイにとるにはどうしたらいいだろう。

1.ぬるま湯で優しく洗う

本当なら、石鹸やアルコール成分の入ったウェットティッシュで、お尻周りをゴシゴシ洗いたい。

でも、清潔を追いもとめると、敏感な肌が傷ついたり、痔や免疫力の低下で病気になったりする可能性もある(同じくシャンプーのしすぎもよくない)。

ぬるま湯でやさしくほぐしてやった後、ぽんぽんとタオルで拭いてやる程度でいい。

 

ウンチが付いてるよ!

 

2.もつれた毛をときほぐす

次に、スリッカーでもつれをとっておく。

ちなみに私の愛用しているのはローレンスのスリッカー。丈夫だし、毛並みが本当にキレイにそろう。他にも何本かブラシを持っているけど一番のオススメ。

スポンサーリンク

お尻キレイを維持しよう

でも、そもそも大騒ぎになる前に、どうにかならないかな。

もともと、お尻まわりの毛は、肛門をおおうように伸びて、ウンチがついてしまうのは仕方ない部分がある。

まずは、トリミングのときに、サロンで肛門まわりは短くカットしてもらうこと。その際、

「桃尻カット」

とお願いすると、ウンチがつきにくいようにお尻を丸出しにしてもらえる。

もしも、トリミングに行く前に伸びてしまったら、自分で簡単にカットしておくといいね。

 

しかし、お尻のにおい、ウンチのせいもあるけど、もしかしたら肛門腺(こうもんせん)(犬の臭いの元)がたまっているのかもしれない。

肛門腺のたまりやすい子は、シャンプーのときに絞り出してあげると悪臭を予防できる。

肛門腺はウンチを外に出しやすくする大事な役割があるけれど、におってくるのは困りもの。肛門炎を防ぐためにも肛門腺を溜めないこと。

神経質にはなりすぎず、でも、いつも清潔に、健康に保ってあげたい。

 

大騒ぎ後ぐっすり

 

ご機嫌でぐっすり。わたしはマフラーが縮まないように手洗いしなくちゃ。

スポンサーリンク