スポンサーリンク

夜もステキな竹田城

日本の「マチュピチュ」としてCMにも使われた「天空に浮かぶ城」、竹田城。

一度はその目で見てみたいという人もきっと多いはず。

 

雲海と竹田城

 

その竹田城への登り方のルートと、竹田城周辺の観光スポットについては、コチラ↓の記事でお伝えした。

 

 

おかんおかん

ただ、竹田城は早朝の雲海のイメージが強いけど、実は夜も見逃せないんだよね。

きっとロマンチックな時間を過ごせるはず。

カップルにもオススメなのだ。

ただし、わたしたちはワンコも一緒。

ライトアップ時間

竹田城跡に登れるのは、以下の表に示すように日中のみ

つまり、ライトアップは竹田城跡からではなく、外から楽しむわけである。

 

開城時間

 

竹田城跡のライトアップは、好評にこたえて平成29年4月1日から平成30年3月31日まで毎日点灯されることとなった。

点灯時間は、季節によって変更されるのでご注意。

  • 夜間ライトアップ

4月1日~5月7日:18時30分~22時
5月8日~7月30日:19時~22時
7月31日~8月20日:19時30分~22時
8月21日~9月8日:19時~22時
9月9日~9月30日:18時30分~22時
10月 1日~12月30日:17時~22時
12月31日~1月3日:17時~24時
1月4日~3月 31日:17時~22時

  • 早朝ライトアップ

9月9日~11月30日:4時~5時30分

ライトアップを楽しむ最適なポジション

このライトアップを堪能できる場所を2つ紹介したい。

1.竹田駅周辺とホテルEN

 

この記事でお伝えしたように、古い町並みがステキな竹田城跡のあるまち、和田山町。

 

城下町をお散歩

 

昭和をほうふつとさせる「昼」の竹田駅ののんびりとしたたたずまい。

 

昼の竹田駅

 

「EN」は、旧木村酒造の雰囲気をそのまま活かしてリノベーションし、ホテル、レストラン、カフェを含めた複合商業施設で、竹田城下町を代表するホットスポット。

 

ENの外観

 

ENには、朝来市の観光情報だけでなく、竹田城跡の歴史までも深く知ることのできる情報館「天空の城」の他、味噌や醤油作りなどを体験できるワークショップも設けられている。

スポンサーリンク

 

昼のワークショップ

 

昼のワークショップ

 

ところが「夜」になると、この辺りはまったく違う顔を見せる。

終電も出払って、シンと静まり返った竹田駅。線路が街灯に照らされる。

 

夜の竹田駅

 

ENの施設の一部は夜も開放されている。

周りの深い暗闇と静けさが、古来の日本建築の美しさをさらにきわだたせる。

 

酒蔵の面影を残す

 

夜のワークショップ

 

 

こうした夜の竹田駅やENから見上げると、ライトアップされた竹田城跡が浮かび上がっている。

思ったよりも小さいけれど、とても幻想的だ。

 

ここから見える竹田城跡

 

残念ながら、はっきり撮影されていないが、竹田駅からの動画はコチラ↓

 

2.立雲峡

ライトアップが楽しめるもう1つのスポットが、竹田城跡に対面している立雲峡。

 

 

立雲峡への登り方はコチラの記事で紹介した。

 

立雲峡の駐車場は24時間オープン

夜に登って真向かいから見るライトアップもキレイそうだけど、さすがに急な山道を懐中電灯片手に登るのは怖すぎる。

その代わりに、立雲峡下の道からも竹田城跡がよく見える。

見え方は城下町近辺よりもこちらの方がおススメだ。

 

ここから見える竹田城跡

 

立雲峡の下の道から撮影した動画↓

まとめ

竹田城は「雲海」の印象が強い。

でも、夜の竹田城もとってもロマンチック。

名月の時期、ライトアップを遠くに見上げながら、夜のお散歩もなかなかオツなもの。

穴場のデートコースにおススメ!

スポンサーリンク