ペットのフィラリア予防薬やノミ・マダ二駆除薬などをお得に購入できるサイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ ジェネリック医薬品もたくさんそろってます。       ペットくすり                                                                                    
スポンサーリンク

トイプードルのトリミング頻度はどのくらい?

 

 

大型のスタンダードプードル、小型のトイプードル、さらに小さなティーカッププードル、プードルはどれも毛が抜けない犬として有名。

 

おかんおかん

プードルを飼い始めた理由の1つは、毛が抜けないから?(笑)

ネコを飼ってたときと比べて、掃除がかなり楽~。

 

実際にプードルを飼うようになって、ネコと違って本当に毛が抜けないのに驚いた。

 

もしかすると、少しはどこかに抜け落ちているのもしれないけど、まったく見つからない。コロコロを使って床を掃除した時も、ヒトの髪の毛は集まるのだけれど、ワンコの毛はほぼゼロといっていいくらい。

 

そのために日々の掃除はずいぶん楽。おまけに、出かけるまぎわになって抱き上げたせいで服が毛だらけになって困る(>_<)ということもナシ。

 

アレルギー持ちの人でも、プードルなら飼えるというケースもよく聞く。

 

 

サロン選びはコチラ↑の記事をご参考に。

 

でも、楽さの反面、トリミングサロンに連れていく手間がかかるというのも事実。

トリミングの推奨頻度

おかんおかん

で、サロンにはどのくらいの頻度で連れていけばいいの?という疑問がわいてくるよね。

ちなみに、わたし自身は3か月くらい平気でカットしないことがあるな・・・。

 

実は、トリミングの頻度は、1月に1度くらいが勧められる。

 

おかんおかん

えっ、そんなにしょっちゅう必要なの?

我が家のパパよりも多い! と思うかも。

 

けれども、このトリミングの頻度には訳がある。

 

トリミングをさぼっていると--

 

  • 毛のもつれによる「毛玉」ができやすい
  • 耳の毛が伸びて外耳炎になりやすい
  • 目の上の毛が伸びて目に入ってしまう
  • 肛門腺がたまってしまう

 

こんなリスクがあるからだ。

 

確かに1か月を超えてくると、もつれを防ぐために毎日スリッカーとコームをかけていても、「もつれ」「毛玉」がどうしてもできてきてしまう。

 

ちなみに、私の一押しのスリッカーはコチラ↓ 丈夫でもつれも解けやすい。

 

 

上に書いたようなデメリットに加えて、わたしの通っているサロンでは、「もつれ代」がトリミング料金にプラスされるところも少々イタイ。

カット後2ヵ月目はこんな感じ

ただ、時間的にも価格的にも、諸事情で月1のサロン通いができないときがある。

 

それ以前に、プードルってどのくらい毛が伸びるのか?と言えば、

 

おかんおかん

トイプードルの毛は1月に1cm~1.5cm伸びる。これって人間とほぼ同じなのだ。

 

美容院帰りの我が家のワンコはこちら。

 

カットしたばかり

 

そして、諸事情でサロンに通えず、2ヵ月が経過した後。もはや浮浪者風?

 

おとんおとん

こっちも可愛いと思うけどな。

 

カットから2か月経過

 

わたしも2ヵ月目のノンもけっこう好き。このようにヘアスタイルで一気に雰囲気が変わるのがプードルの魅力。

 

ただ、「節約」に気を取られて、トリミング頻度を空けてしまうと、見た目だけでなく、いろいろな弊害を生んでしまう。

 

個人的に思うのは、2か月くらいがギリギリかな。

 

プードルをお迎えする前に、こうしたお手入れの費用もちゃんと考慮に入れておこう。

 

スポンサーリンク