スポンサーリンク

比良山系の麓にたたずむ宿

滋賀と言えば、なんといってもびわ湖が一番に思いつく観光スポット。

でも、滋賀には日本に誇れる山々があることを知ってる?

びわ湖の西には、武奈ケ岳(ぶながだけ1214.4m)、比良岳(ひらだけ1051m)、打見山(うちみやま1103m)、蓬莱山(ほうらいさん1174.3m)の山脈がつらなっていて、「関西のアルプス」とも呼ばれているのだ。

秋にはこの比良山系はモミジやカエデなどで真っ赤に染めあがる。

滋賀県がほこる8つの風景、「近江八景(おうみはっけい)」の中には、ちゃんとこの比良暮雪 [ひら の ぼせつ] ( 比良山系のこと)が入っている。

 

そして、この比良山系のふもとにあるのが、今回たずねたオーベルジュメソン

 

 

 

オーベルジュメソンには4つの客室スタイルがあり、ペットが宿泊できるのは次の3つ。

ログコテージ

2名様/1室料金(大人1名)20,000(税抜)~
定員1~4名
広さ64㎡

本館から独立したログコテージ。キングサイズベッド、ジェットバス、空気清浄機やコーヒーメーカー、液晶テレビ、DVD、CDプレーヤーなどが完備。

本館ハナレ(小型犬2匹まで)

2名様/1室料金(大人1名)22,000(税抜)~
定員1~5名
広さ64㎡

本館内の離れだが、専用玄関を別に配置。茶室をイメージした畳敷のフロアの「クール&和モダン」がコンセプト。部屋専用の庭あり。

比良別邸

2名様/1室料金(大人1名)25,000(税抜)~
定員1~4名
広さ64㎡

本館山側の別棟のログコテージ。コテージ前に専用庭と、ウッドデッキあり。敷地面積は約100坪。専用駐車場付き。

いずれも、3,000円/1頭(税抜)

森の中にひっそりと

私たちが宿泊したのは「ログコテージ」。雨模様だったのが、かえって緑を鮮やかに見せる。

 

もしかして、暖房は薪?

 

 

本物のログコテージ

以前、この辺りは、欧米人が別荘地として使用していたとのこと。このログコテージも、北米から資材を直輸入して、アメリカ人のクラフトマンが組み上げたもの。

その証拠に、すべての造り付け画像が欧米人仕様で、ちびっ子の私には少々苦しいのだけど(笑)、重厚な本物の木の香りと風合いがそのまま伝わってくる。

決してナチュラル志向ではないのに、ログハウス建てたいっ、という気持ちがむくむくとわいてくる。ログコテージ好きな人々なら、ズキューンと心射抜かれること確か。

 

 

加えて、ファブリックのセンスの良さが光る。このベッドカバーと、カーテン、ほしいんですけど!

 

 

さて、時計を外した後は何をする?

「何もしない贅沢を味わう籠れる宿」がキャッチコピーだから、あわてない、あわてない。

 

 

ゆっくりと音楽と読書。周りの森でわんこと探索。

スポンサーリンク

 

やりたいことはたくさんあるけど・・・、やっぱりお昼寝?

オーベルジュメゾン

 

一本一本の木が、ものすごく立派なことが分かるでしょ?

オーベルジュというからには

ホテルの名前に冠されている「オーベルジュ」とは、宿泊設備を備えたレストランのこと。つまり、食事にはかなりの自信があるわけだ。

 

 

オーベルジュメソンの売りは、地元の食材を生かしたクラシカルなフレンチ。お魚と、もちろん近江牛も堪能できる。

 

朝食もこのように本格的。

 

 

何よりもうれしいのは、+1000円で、お部屋まで食事を運んでいただけること。早く食べて帰らなくちゃ、とあせることもない。みんな一緒だと、さらにおいしいね。

 

お泊りしなくても、オーベルジュメゾン・レストランで、この料理がいただける。

水曜日が定休日で要予約(077-596-1687)。テラス席(3席)はペットOK
ランチタイム:11:30~
ディナータイム:16:30~

 

森の中の手作りウェディングも素敵。

 

関西以外からの人はもちろん、大阪や京都、奈良、兵庫からも、ちょっとゆっくりと気分転換したいとき、少し贅沢して泊まりたいホテルだ。

 



スポンサーリンク