スポンサーリンク

カニと温泉と犬と!

カニ大好き。温泉も大好き。蟹は食べられないけど、もちろん一緒に行くよね、ワンコも。

鳥取県は「蟹取」県として「ウェルカニ」キャンペーン開催中。

「蟹なら北海道じゃない?」と思うだろうが、鳥取県の蟹の水揚げ量は、北海道の約3000トンを大きく抜いて日本一の約10,000トン!

鳥取と言えば、日本最大の砂場の鳥取砂丘も満喫したいけれど、花より団子でまずはカニ。

通常は、9月1日からベニズワイガニ漁、11月上旬から松葉ガニ漁が解禁、蟹シーズンって結構長いのである。

もちろん、鳥取米子はカニ以外にも、いろんな見どころがあるので後で紹介するね。

 

seafood-1013026_1280

 

ベイサイドスクエア皆生ホテル犬宿泊プラン

鳥取の日本海側で、ワンコの宿泊OKな温泉宿の1つはベイサイドスクエア皆生ホテル

ペット専用客室は7室。ワンコの宿泊条件は以下の通り。

• 10kg以内の小型犬であること。
• 生後1年以上の小型犬であること。
• 予防接種、ワクチンが済んでいること。
• ご自宅でも室内でお飼いになっていること。
• 無駄吠えしない、躾ができていること。著しく吠えないこと。
• 排泄の躾ができていること。
• 月経等の兆候がないこと、またその場合わんちゃん用サニタリーショーツを着用のこと。
• わんちゃんをお部屋に残して外出なさるときはゲージまたはキャリーに入れていただくこと。
• 体調を崩してないこと。
• 部屋にマーキングをさせないこと。
• お散歩の後、入館される場合はわんちゃんの足をきちんと洗い、拭いていただくこと。
• レストランや温浴施設、メインロビーなど、ホテルパブリックスペース内には、わんちゃんをお連れにならないでください。
• ご使用のお部屋以外では抱いていただくこと。

「5㎏以下」の小型犬と条件をつけているホテルが割と多い中、10㎏という条件はありがたい。

ホテル潜入記

チェックイン方法

われわれはフロントでチェックインするけれど、犬はペットフロントで待機。犬専用のペットフロントを通って、客室までは犬連れ客専用のエレベーターに乗る。

ルームキーをエレベーターに差し込む必要があるので、セキュリティも安心。このエリアは、犬専用だから、犬が嫌いだったり苦手だったりする他のお客様と出会わないし、逆に会う人はほとんど犬連れだから、気分的に楽だ。

 

 

このドアを超えて犬が立ち入ることは禁止されている。でも、人間は通り抜け可能で、ここから温泉にもフロントにも自由にいける。

ペット用客室

さて、こちらは部屋から日本海が一望できる「オーシャンビュー&畳」のお部屋。畳のスペースは「和」のイメージを大事にして、掘りこたつが設置されている。

 

 

目の前は日本海。この日はあいにくの雨模様で、もやがかかって残念!でも、天気がいい日は向こうに、中国地方の最高峰の山、大山が綺麗に見える。

ホテルの目の前の海岸を散歩してもいいし、「皆生海浜公園」は歩いてすぐそこ。大山を見るには絶好のスポットだ。米子から見る大山は「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれていて、なだらかな隆起が美しい。

大山は見たことないな、という方はお見逃しなく。

 

 

お得な情報♫

海潮園とのコラボ

「ベイサイドスクエア皆生」の姉妹旅館「海潮園」は、野坂昭如氏もお気に入りだったという情緒あふれる温泉宿。ベイサイドスクエアでお手頃に宿泊しながらも、海潮園の豪華な会席料理と、そして「蟹」が思う存分味わえる。

*海潮園も3部屋、ペット宿泊可能なお部屋あり。

ペット会員

ペットの宿泊料金は,通常5000円だが、無料で登録できるペット会員になれば優待料金2000円で宿泊できる。会員になれば、ワンコお泊まりセット(コロコロローラー、ペットシート、ウェットティッシュ)の無料貸し出しの特典も。お得な期間限定のワンコ情報も得られるよ。

近くの観光スポット

米子からインターチェンジでちょっと北上したら、そこは「さかなと鬼太郎のまち」、境港。

水木しげるロード

境港は、漫画家の水木しげる氏のふるさと。NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」で、そのことを知った人もたくさんいるだろう。

朝ドラファンも、水木ファンも、鳥取まで来たなら、「水木しげるロード」は欠かせない観光スポット。JR境港駅前の「水木しげる夫妻」のブロンズ像、そして、駅前から連なるアーケードには、ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、153体の妖怪が立ち並ぶ。妖怪街灯がともる夜のロードお散歩もなかなかだよ。

 

猫娘!となる

境港さかなセンター

「境港さかなセンター」は、地元の目利き業者が軒をならべ、新鮮な魚介類や海産品がいっぱい。とれとれピチピチの新鮮なさかなは、その場で刺身にさばいてくれる。ずわいがにの解禁を待って、おうちでも本場のカニを楽しめてしまうのだ。試食した後で帰るのが嬉しい。隠岐の岩ガキもオススメ。

スポンサーリンク

蟹イベント、やってないかなと上記公式サイトで要チェック!

 

夢みなと公園

しばし、お留守番の後は、ちゃんと一緒にお散歩の時間も確保しなくては。

さかなセンターのお隣、「山陰・夢みなと博覧会」の跡地にうまれたのが、この夢みなと公園。「日本海と大山がいちばん美しいみなと」が公園のコンセプト。海と大山を一緒に楽しめるとは贅沢な散歩。

夕暮れ時、潮風を受けながら、楽しかった鳥取の旅をはんすうする。

また来たいね。カニ食べに。

 

ベイサイドスクエア皆生ホテルHPにてご紹介されました!

 

ホテル価格比較はこちらから↓

スポンサーリンク