スポンサーリンク

トイプードルってどんな毛色があるの?

JKC(ジャパンケネルクラブ)が定めたトイプードルの基本の毛色は、

ブラック、シルバー、アプリコット(あんず色、赤みを帯びた黄色)、ブラウン(褐色、茶褐色)、グレー(濃い灰色)、ブルー、クリーム(乳白色)、シルバー(灰色)、ベージュの10色。

ただし、同じ毛色でも濃淡があって、十人十色、いや十犬十色。

 

伝統的には、はっきりと顔がわかるホワイトが人気なようだが、最近ではレッドや、レッドよりも少し薄いアプリコットがそれを追い抜いているようだ。

トイプードルの人気を決定的にした「テディベアカット」が似合うからかな。

 

トイプードルの毛色
トイプードルの毛色

色によって性格が違う?

個体差はもちろんあるが、トイプードルは色によって性格が違うとも言われている。

参考程度に知っておきたい。

ブラック

飼い主への忠誠心が高くて飼い主が好き!運動能力も高くてしつけや訓練がしやすい。

スポンサーリンク

ただし、キレるときはキレる。ご機嫌なときとご機嫌ナナメのときの差が激しい。

人や他の犬と離れてくつろぐこともあるという、少しひねくれもの?

ブラウン

独立心が強く大人びていて、協調性に欠けるところがあり、マイペースで天真爛漫。

しつけや訓練は根気が必要なところもあるけれど、訓練のしがいあり。飼い主さんだけに懐く、飼い主みょうりに尽きる色かも。

ホワイト

性格が安定していて、社交性があり、他の犬とも仲良くでき、しつけやすい。

その一方で用心深いところもあり、飼い主への忠誠心は強く甘えん坊。

レッド・アプリコット

個体差が大きいが、我が強く、やんちゃやおてんばさんが多い。

飼い主への忠誠心や協調性は低く、きちんとしたしつけが必要なお姫様OR王子様気質?

シルバー

甘えん坊でシャイな子が多い。その分、協調性が低いこともあり、根気よくしつける必要がある。

色は変わるの?

生まれたてのトイプードル
生後3ヶ月

 

生まれてまもない頃、こんなに真っ黒だったのが、少しずつ退色していって、シルバーに近い。

退色の様子はコチラで紹介しているので、ご参考までに。

 

 

 

スポンサーリンク