スポンサーリンク

トイプードルの骨は割り箸なみ?

こんなおそろしいニュースが飛び込んできた。

「争点「40センチで骨折」ペットサロン45万円支払いで和解」

トイプードルが骨折したのはペットサロンの不注意が原因だとして、飼い主の女性がサロンの運営会社(大阪市)に約100万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、会社側が45万円を支払うことで和解した。

見た目が可愛く、室内犬では一番人気だが、高さ40センチの台から飛び降りただけで骨折していた。

獣医師は「トイプードルの骨は割り箸のように細い」と注意して飼育するよう呼びかけている。

(出典:「毎日新聞2017年5月25日記事」)

 

おかんおかん

トイプードルだけじゃなく、チワワやポメラニアンなんかも、

ソファーや椅子から飛び降りて、足が折れちゃったっていう話、意外と聞くんだよね。

 

割り箸!

 

割り箸といってもピンとこない人は、人間の小指くらいと考えてもらった方が分かりやすいだろうか。

こんなふうにフワフワの毛でおおわれているから、ぷっくりとした身体を想像されがちなトイプードルだけど、毛の下は超スリムなのだ。

 

ノンの脚

 

小型犬にかぎらず、まだ骨格ができあがっていない子犬もほんのわずかな段差で、思いがけず骨折してしまう場合がある。

今回の事故は40センチの台と言われている。たいていの家庭では、ソファーの高さは40センチを超えるんじゃないだろうか。

それどころか、飼い主があぐらをかいている足の上、つまり、10~20cmくらいでも骨折することもあるらしい。

スポンサーリンク

トイプードルの魅力は、怖さ知らずの「天真爛漫さ」だけど、それがかえって事故につながるとすれば怖いね。

骨折の原因

骨折の大半の原因は、交通事故を含む事故だ。でも、そのほかにも次のような原因がある。

  • 食事やホルモン異常が原因で、骨がもろくなっている。
  • 骨に腫瘍がある。
  • ドッグレースに出る犬などの疲労骨折

他にも、最近贅沢になってきたせいか、「肥満」が原因の骨折も増えている。

可愛いからとついオヤツをあげるのはやめなくちゃね。少なくとも週1回は測定して、体重管理をしておこう。

骨折の症状

骨折かどうかを見極めるポイントを紹介しよう。

  • 変形していないか-骨折した部分が変形して、長さや形が変わり、左右非対称となってくる
  • 腫れていないか-骨折した部分が腫れてきて痛みをもつ
  • 歩き方はどうか-痛いので足を持ち上げて歩くようになる
  • ねんざではないか-ねんざの場合は変形していない。運動させずに安静して様子を見よう。

わかりにくいときは、動物病院へGO!

骨折の応急処置

1.ガーゼで保護する

皮膚が破れて骨が見えているときは、ガーゼで保護する。

出血している場合は、ガーゼで押さえて出血を止める(圧迫法)。ガーゼに血がにじんできたら、また新しいガーゼで上から押さえる。

なかなか血が止まらないときは、包帯を上から強く巻く。

 

おかんおかん

ワンコがショックとパニックで暴れないように、首とお腹を抑えておいてね。

 

2.副え木(そえぎ)を当てる。

板やボール紙などの周りに脱脂綿を巻いて、簡易的に副え木を作る。

骨折した場所をはさみ、両側の関節も含めて、副え木を当てる。

3.副え木を固定する

副え木の周りに包帯を巻く。強く締めすぎて血流をさまたげないように注意しよう

4.病院に運ぶ

できるだけ動かさないように、段ボール箱やケージなどに入れて運ぶといい。

 

緊急処置が必要な場合があるので、自己判断はNG!

 

 

コチラの記事でも紹介したように、我が家では、段差のある場所では「階段」を設置して、ワンコ用のバリアフリーを試みている。ご参考までに。

 

 

スポンサーリンク