スポンサーリンク

愛犬に囲まれる生活がうらやましすぎる!

ちょいちょいお宅ご訪問で拝見するデヴィ夫人の渋谷の豪邸。

渋谷だけでなくニューヨークやその他にもいくつか億ションを所有しているもよう。

 

どんだけお金持ちなの!

 

渋谷のおうちは、シャンデリア、高級家具、絵画などなど、きらびやかだけど、落ち着いた雰囲気の豪華なインテリア。

 

おかんおかん

デヴィ夫人が住むにはふさわしいおうち。さすがの「姫」感満載。

でも、それよりうらやましいのがドッグランなのだ!

 

厳密にいうと、ドッグランではなくお庭。

夫人は日々のお散歩に加えて、そのお庭で愛犬を自由に走らせていた。

美しく手入れされた花々に囲まれて、さわやかな朝日を浴びたり、日光浴をしたりしながら、都内の一等地で愛犬たちと過ごす。

わたしたちが想像するセレブをそのまま体現してくれるのが、デヴィ夫人の魅力の1つだと思う。

 

 

こんな一人暮らしなら、淋しさとは無縁かも。

デヴィ夫人の愛犬ファミリー一覧(順不同)

愛犬家としても有名なデヴィ夫人、デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」のトップページでは、愛犬のプードル2頭を抱いている。

 

2012年の時点では17匹のワンコを紹介しているが、そこからも減ったり増えたり、いろんなワンコがファミリーとしてブログに登場している。

いずれにせよ、常に10匹以上の犬と同居しているようだ。

 

庶民のわたしはうらやましい一方で、トリミング代やエサ代はいくらかかるの~と気になってしまう。

夫人は中・大型犬よりも小型犬がお好みなようで、850gの超ミニミニチワワを含めすべて小型犬だ。

大型犬を十分に運動させてやる体力や、犬を抑える筋力も落ちてくるため、シニア世代にはやはり小型犬が望ましい。

10匹を超える多頭飼いなら、いくら豪邸でも小型犬一択だろう。

 

では、デヴィ夫人のワンコファミリーを紹介しよう(ちなみに写真は夫人の愛犬ではなくイメージ画像)。

気品あふれる狆(ちん)

  • リリアン
  • エミリー
  • ファビオラ(2014年死去)
  • フィオナ

 

ファビオラちゃんは非常に珍しい「赤」の狆。

 

 

狆は個人的には、近代になって中国などから日本に入ってきたという印象がある。

諸説あるものの、すでに500年代には日本に入ってきていたらしい。

「生類憐みの令」で有名な徳川綱吉は、江戸城で狆を飼っていたのこと。

お殿様だけでなく、皇族やお金持ちの商人などもきそって狆を飼っていたというから、そもそもセレブにはふさわしいお犬さま(笑)かも。

 

性格としては、愛玩犬としての歴史が長いことから分かるように、ちょっと神経質なものの、おとなしくて愛嬌があり、かしこい。

1日のお散歩も2~30分程度で足りるため、室内でも飼いやすいのではないだろうか。

愛らしい中にも気品あふれる顔は、わたしもかなり好み!

「ぶさかわ」の典型、パグ

  • ポーラ
  • パオラ

 

夫人の飼っているのは、妙高高原からやってきた兄妹パグ。

 

パグ

 

パグの祖先は紀元前2000年くらい前にさかのぼり、世界でも最も古い犬種の一つ。

チベットで生まれ、その後、仏教の伝来とともに中国にわたって、中国の皇室で愛される。

そして、オランダとの交易とともに、ヨーロッパでも大人気を博し、ナポレオンの妻ジョセフィーヌの愛犬としても有名だ。

日本には1990年代に入って愛玩犬として愛されるようになった。

 

おかんおかん

パグやブルドッグのような「ぺちゃんこ顔」が好きな人は多いね。

実はわたしは、ちょくちょくその2つ混同してるのだけど・・・(笑)。

 

パグは見た目通り?性格は「頑固」なことが第1の特徴。

でも、陽気でフレンドリー。無駄吠えも少ないから、室内飼いには向いている。

超小さいチワワ&ミニチワワ

  • クララ(2017年死去)
  • アリス
  • マギー
  • ジュジュ(マギーの息子)
  • 太郎

 

デヴィ夫人のイメージに一番近いのがチワワかも。

黒やペールベージュなど色も模様も様々なチワワたち。ミニチワワの850gのミニミニぶりには驚きだ。

個人的には黒白の太郎くんがカワイイ!

 

チワワ

 

世界一小さな犬種のチワワは、古代メキシコに存在した「テチチ」という小さな犬が祖先だという。

バブル時代以後、小型犬や超小型犬をマンションで飼うことがブームになって以来、チワワ人気は衰えることがない。

 

こちら↓の映画がスキなわたしはチワワも飼ってみたい犬種の1つ。

スポンサーリンク

シーツーとはシーズー

  • お茶々(インペリアル・シーツー)
  • エルゼア

 

デヴィ夫人はいつも「シーツー」と紹介していたので、そういう犬種があるのだと最初は誤解していた。

実はシーツー(ShihTzu)とは日本でいう「シーズー」のこと。

バイリンガルの夫人は、ふだんは英語で話すことの方が多いのかもしれず、シーツーと英語風の発音をしているのだろう。

デヴィ夫人の愛犬、シーツーの中でも特に小さなインペリアル・シーツーのお茶々(白黒)の可愛さは格別!

 

シーズー

 

 

中国とチベットは、古くから仏教による交流があり、チベットの僧院で飼われていたラソアプソという犬と、中国のペキニーズとをかけ合わせて生まれた犬がシーズー。

中国の王侯貴族に守り神として扱われてきた歴史ある犬種だ。

 

性格は、陽気で活発だけど、おだやかで大らかな面もあるので、子供がいる家庭でも安心して飼える。

わたしが知る中でも、ブームにもならない代わりに、すたれることもなく、シーズーにはいつの時代にも一定のファンがいる。

何といってもプードル

  • サブリナ(2014年死去)
  • プリンス
  • モカ

 

さて、お待ちかねのプードル。

小型犬の中で今最も人気が高いプードルもデヴィ夫人ファミリーの一員。

シルバーのサブリナはわが家のワンコに少し似ている気がして気になっていたが、2014年に残念ながら虹の橋を渡ってしまった。

でも、トイプーならぬビッグサイズの8kg超のモカちゃんが、愛らしいモコモコっぷりを発揮してくれている。

 

わが家のトイプードル、ノン

 

いつもこのサイトで紹介させていただいているプードル。

ついほめすぎてしまうけど(失礼)、従順で、おとなしく、吠えることも少ないプードルは犬を飼う初心者には本当におススメの犬。

甘えすぎてワガママになる場合もあるのが玉にきず。

小型犬の代表マルチーズ

  • レオ
  • ルル(2013年死去)

 

奥さんと娘(ルル)を先に亡くしてしまった老犬のレオくん。

でも、献身的なお世話で、まだまだ元気に余生を送っている様子が嬉しい。

 

マルチーズ

 

マルチーズの原産地は、地中海の島、マルタ島。

たくさんいる現在の小型犬と違って、交配によって生まれたものではなくて、もともと今のように小さいサイズだったそうだ。

つまり、世界で最も古い小型の愛玩犬だと言える。

 

性格は従順で温厚だけど、気の強い面もあって大型犬に向かっていくことも。

長い間、室内で飼われてきたため、長い時間のお散歩や運動を必要としないので、室内飼いにぴったりだ。

人気沸騰中のポメラニアン

  • ビアンカ

 

サマーカットがお似合いのビアンカちゃん。

ポメラニアンもプードルと並んで、カットスタイルで全くルックスが変わってしまう楽しさが魅力。

 

ポメラニアン

 

おかんおかん

某携帯会社のCMに登場した「ギガちゃん」のおかげで人気沸騰中!

まさにぬいぐるみとしか言いようがないね!

 

ポメラニアンは、ドイツとポーランドの国境のポメラニア地方を原産とするジャーマン・スピッツやサモエドが元祖。

もともとは中型犬だったが、次第にこのように5㎏くらいまでの小型犬となった。

 

つぶらな瞳に小さな頭、フワフワの美しい毛並みとかわいらしさは満点だが、吠え癖や噛み癖がつきやすいという一面も。

甘えさせ過ぎずにしっかりとしつけて飼うのがおススメ。

おススメはミックス

  • レア(チワワとプードルのミックス)

 

最近気になっているミックス犬。

周りでもミックス犬をお迎えする家庭がちょこちょこ増えてきた。

夫人はたまにブログでお婿さんを募集しているが、同じ犬種だけでなく、ミックス犬も交配の候補に挙げているようだ。

最後に

このように、デヴィ夫人はたくさんのワンコに囲まれて日々を過ごしている。

一般人にはなかなかマネができない生活だけど、将来はそれに少しは近い暮らしをしてみたいなと憧れるかぎり。

 

デヴィ夫人の気になる犬の入手先は、自宅のあるニューヨークのブリーダーが多くを占めていそうだ。

両親ともにチャンピオン犬だという血統書付きの犬もいることから、厳選されたワンコをお迎えしているようにも思える。

 

ただ、夫人は、タレントの杉本彩さんなどと共に保護犬活動にも積極的に取り組んでいる。

夫人のようなセレブの発言は、それだけで大きな影響力を発揮する。

犬を新しい家族としてお迎えする人が一人でも増えていくと嬉しいな。

 

これからも、マイファミリーのワンコたち、どんどんブログに登場させていただきたい。

 

スポンサーリンク