ペットのフィラリア予防薬やノミマダ二駆除薬などをお得に購入できるサイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ ジェネリック医薬品もたくさんそろってます。       ペットくすり                                                                                    
スポンサーリンク

大人のトイプーをしつけるのは無理?

ワンコを飼うのは初めてで、どんな悪さをされるのかドキドキだったけど、トイプードルは思ったよりもずっとお利口さん。

https://noir-style.net/accidental-swallow/

お留守番させていたら家の中がめちゃめちゃにされたなどという話はたまに聞くけど、我が家の場合、このときに大騒ぎしたくらいで、留守番させていても、お出かけに同伴しても、やんちゃをして困らせられたことはあんまりない。

これはラッキーだったのか、実はけっこういい飼い主なのか(笑)、はたまたトイプーはとっても飼いやすい犬種なのか。

それでも、インターホンにバカ騒ぎしたり、初対面のワンコと打ち解けにくかったり、洗濯物を引っ張り出したり(わたしのパンツがお気に入り)、しつけ直したいと思うことはいくつかある。

 

黒トイプードル赤ちゃん

ワンコに習慣を受け入れさせるには、危険を認識する時期までがミソだと言われている。

オオカミ-9日目
ジャーマンシェパード-35日
イヌの平均-45日
ラブラドール-72日

じゃあ子犬の時期に教えておかなかったらもう手遅れなの?

イイ子の条件とは

ちなみにワンコが育てやすいイイ子に育つ条件は次の2つ。

  • 飼い主の命令をきちんと守ること
  • 身体のすべての場所を自由に触らせてくれること

この2つができていればトラブルの大半は解決できる。

「オイデ」や「マテ」の指示をしっかり守ることができれば、突然道に飛び出すような危険を避けることができるし、他のワンコとけんかしたり、人に飛びついたりするのをやめさせられる。

スポンサーリンク

身体をどこでも触ることができれば、歯を磨くなどの日常のケアも楽になるし、トリミングサロンや病院に連れていくときに助かる。

子育ての基本は同じ

さて、成犬でもしつけはできるの?という話に戻る。

上で書いたように、犬は平均して45日までに、恐怖心よりも好奇心が勝って、さまざまな刺激を受け入れながら、まわりの環境を受け入れる。

でも、その後も、ちゃんと試行錯誤を繰り返して、環境に順応する方法を自ら学んでいく。

それを教え込むコツは、実は人間の子育てと同じ。

「叱るときも、ほめるときもスピードが大事」

悪いことをしたら、

「その瞬間に」

「短く簡潔に」

怒ることが肝心。

イタズラをしてから何時間もたった後で怒ってみても、ワンコはなぜ怒られているのかわからない。そして、ぐじぐじしつこく怒っても、焦点がぼけてしまって逆効果。

これは人間の子育てにも通じる鉄則なのかも。褒めるときも原則は同じ。

 

 

わたしは、人を嚙むことだけは絶対にしてはならないと教えこませたかったので、甘噛みしただけでも、その場で、

「こらあ~、どの口がやる!!」

とマジで激怒していたので、甘噛みすらしないようにしつけることができた。

 

甘やかす人が家族にいるから困るんだよね・・・。

スポンサーリンク