ペットのフィラリア予防薬やノミ・マダ二駆除薬などをお得に購入できるサイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ ジェネリック医薬品もたくさんそろってます。       ペットくすり                                                                                    
スポンサーリンク

 

 

 

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ周囲126㌔の自然豊かな島。

 

意外にも山が険しく、最高峰の「星ヶ城」という山は816mの高さを誇る。

 

おとんおとん

小豆島にはいろいろ楽しめるスポットがあるけど、一番有名なのはやっぱり寒霞渓(かんかけい)かな

 

おかんおかん

耳にしたことはあるけど、まだ行ったことなかったよね。

 

今回の小豆島を巡る旅では、星ヶ城の近くにある景勝地、「寒霞渓」にも愛犬同伴で出かけてきた。

 

基本情報

住所

香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168

アクセス

頂上の寒霞渓までは、ロープウエイを利用することも、車で登ることもできる。

小豆島

 

  • ロープウエイを利用する場合

島の南部の草壁港から県道29号線を北へ進み、ロープウエイ( こううん駅→山頂駅)に乗車する。

 

  • 車を利用する場合

頂上の寒霞渓まで、車では、4方向(北の大部港から、東の福田港から、南の草壁港から、西の池田港から)から向かうことができる。

少し傾斜のキツイS字カーブがあるが、安全に山頂まで登ることができる。

 

駐車場

無料(約200台収容)

駐車場

 

寒霞渓(かんかけい)ってこんなとこ

瀬戸内海国立公園

「寒霞渓」は、およそ1300万年前の火山活動によってできた安山岩、集塊岩などの岩石が侵食されてできた渓谷。

瀬戸内海国立公園制定のきっかけともなった景勝地で、日本三大渓谷美の一つとも言われている。

春の山桜、初夏の新緑、秋の紅葉、とほぼ一年を通じて、瀬戸内海を背景に美しい景観をつくり出している。

寒霞渓

 

ロープウエイから迫力を体感

ロープウエイからは、寒霞渓と瀬戸内海の迫力ある景色を、ごく間近で体感できる。

条件付きでペットも同乗可。

ロープウエイ山頂駅

 

スリル満点!のロープウエイ

 

<営業時間>

営業時間

※年中無休 / 12分間隔で運航

※運行時間 約5分

 

<料金>

普通旅客運賃

乗降駅:こううん駅~山頂駅

 

<ペット同伴時>

ケージなどに入れれば乗車可能。(無料貸し出しもあり)
ただし、片道100円、往復200円が必要。

 

海と山のダブルの絶景

寒霞渓の山頂にはロープウェイ山頂駅、売店、レストラン、展望所などがある。

山頂MAP

 

売店&レストラン

 

第1展望所からは美しい瀬戸内海が一望できる。

第1展望所

 

第2展望所には幸せ祈願の「かわら投げがある。(5枚200円)

スポンサーリンク

この日は中国からの団体客が歓声を上げていた。

 

おとんおとん

鉄の輪の中を通れば願いが叶うらしいよ。

かわら投げ

 

第2展望所からも瀬戸内海と寒霞渓が見渡せる。

第2展望所

 

本州ではなかなか見られない迫力ある景色が広がる。

この日は、残念なことに紅葉まではあと一息で、ほんの少し木々が色づき始めたところだった。

春の桜か秋の紅葉が一面に広がる時期がやはり一番おススメだ。

第2展望所

 

おかんおかん

迫力ある山のバックに瀬戸内海が広がるというのがイイね!

おとんおとん

同感!まさに絵になる美しさだね。

 

売店とレストランの外のテラス席では、景色を楽しみながらワンコと一緒に食事することができる。

テラス席

 

駐車場の裏手に犬のお散歩にぴったりなコースを発見!

 

おとんおとん

三笠山山頂500mと書いてあるよ。行ってみよう!

散策道

 

少し登ると、神社が見えてくる。

阿豆枳(あづき)島神社

 

坂がだんだんと急になってくる。

散策道

 

約10分ほど歩くと、残念ながら三笠山の山頂ではなく広場が出現!?

 

おとんおとん

山頂はまだこの先みたいだね。

 

この広場はワンちゃんと遊んだり、ランチをしたりするにはぴったりな穴場だ。

三笠山広場

 

広場から見下ろすと、かなり坂を登ったことが分かる。

 

おかんおかん

この辺りは岩が多いね。

でもこの岩が、なかなか味のある景色を作り出しているんだよね。

 

三笠山広場からレストラン棟を見下ろす

 

他にも少し先に「鷹取展望台」「四望頂(しぼうちょう)展望台」などもあるので、さらにウォーキングを楽しむことができる。

健脚の方向けに「登山道」もあるようだ。

 

わたしたちは少々お疲れで(汗)、散歩はこの広場までで打ち止め。

でも時間と体力に余裕があれば、景色を楽しみながらゆっくりと散策するのもよさそうだ。

まとめ

寒霞渓は、長い年月をかけて作り出された奇妙な岩山が印象的な観光地だ。

800メートルの山々が瀬戸内海に迫っており、迫力ある絶景が広がる。

 

おとんおとん

海と山の絶景が同時に楽しめるのはポイントが高いよね。

 

ワンコも遊べる散策道も整備されているので、ぜひ愛犬を連れて寒霞渓の自然を満喫していただきたい。

 

 

スポンサーリンク