ペットのフィラリア予防薬やノミマダ二駆除薬などをお得に購入できるサイトで、我が家ではいつも利用しています。↓ ジェネリック医薬品もたくさんそろってます。       ペットくすり                                                                                    
スポンサーリンク

 

 

 

 

おとんおとん

広島県の尾道市といえば、どんなイメージ?

おかんおかん

港町、坂道、ネコ、情緒あふれる路地、などかなぁ~。最近は特に女子に人気がある街みたいだね。

おとんおとん

千光寺公園は尾道の街や瀬戸内海を一望できる観光スポットみたいだよ。ノンも喜びそうだから行ってみようよ!

ノンノン

綺麗な公園は大好き!

 

もう1つ、私の世代なら、大林宣彦監督が、ご自分の故郷の尾道を舞台に、尾道オールロケで撮った、「転校生」、「時をかける少女」、「さびしんぼう」の「尾道三部作」の印象が強いかも。

 

1980年代には、ロケ地巡り目的で、20万人以上の観光客が訪れたらしい。当時の原田知世ちゃんが可愛い!

 

 

千光寺公園ってこんな公園

住所

広島県尾道市西土堂町19−1

アクセス

<関西方面から>

山陽自動車道/福山西IC下車~国道2号線バイパス~県道363号~千光寺山ドライブウェイ  合計約3時間30分

 

<四国松山方面から>

しまなみ海道~国道2号線バイパス~県道363号~千光寺山ドライブウェイ  合計約2時間

 

営業時間

入園は年中無休、24時間可能

 

駐車場

普通車70台(1回料金600円) ※臨時の場合のみ普通車320台を増設

 

公園内をワンコと一緒に散策

千光寺公園は、尾道の代表的な観光スポット。

約144mの千光寺山の高台にあるので、情緒あふれる尾道の街並みや瀬戸内海が綺麗に見渡せる。

 

車を利用する場合は、下MAPの上方にある「P千光寺公園駐車場」に停めて、少し歩いて行こう。

MAP

 

MAP

 

平成15年に安藤忠雄氏の設計による改修工事がおこなわれて、綺麗になった「市立美術館」

様々なジャンルの展覧会が開催されていて、評判も良いようだ。

尾道市立美術館

 

美術館横にある見晴らしの良い洋風のレストラン「プティアノン」

プティアノン・レストラン

 

美術館とプティアノンを過ぎると、坂が段々ときつくなってくる。

千光寺公園

 

坂の途中に芝生広場を見つけて、ワンコ看板を(笑)

千光寺公園

 

更に坂を登っていく。われわれと違って、ワンコは足どり軽く登っていく(笑)。

千光寺公園

 

坂道の両脇には桜の木がたくさん植えられており、春になると満開の桜が公園を綺麗に彩る。

イメージ 春の千光寺公園(山頂から美術館方面の景色)

 

そして、駐車場から約10分ほどで山頂に到着!

「八畳岩」という大きな岩に登ると、海と反対側の山並みが見渡せる。

八畳岩

 

その先に円形の「頂上展望台」が見えてくる。

頂上展望台

 

瀬戸内特産のみかん/レモンのソフトクリームが美味しそうだ。

売店

 

展望台に登ると、尾道の街並みや「しまなみ海道」の島々が一望でき、まさに絶景だ。

頂上展望台からの眺め

 

中央に見えるのが「尾道大橋」

スポンサーリンク
尾道大橋

 

対岸の向島には大きな造船所が見える。

頂上展望台からの風景

 

おとんおとん

キレイだな!

島々が連なって見えて、「やまなみ」じゃなく「しまなみ」海道とは本当にナイスなネーミングだね。

おかんおかん

少し前に足摺岬の海を見たけど、全然違う顔を見せてくれるね。

 

展望台の横には「恋人の聖地」。2匹のネコが可愛い♬

恋人の聖地

 

そして、「千光寺ロープウエイの山頂駅」

千光寺ロープウエイの山頂駅

<千光寺ロープウエイ>

  • ふもとの「山麓駅」と千光寺山頂の「山頂駅」の2駅を約3分で結ぶロープウエイ
  • 料金: 片道320円、往復500円
  • 運行: 原則9:00~17:15の15分間隔で運行

 

眼下に綺麗な街並みと瀬戸内海が広がる。

千光寺ロープウエイ

 

更に進むと、「文学のこみち」が現れる。

 

尾道には昔から多くの文人が訪れて詩歌や小説などを残している。小道の両側には詩歌や小説の断片が刻まれた石碑が点在しており、正岡 子規(まさおかしき)、十辺舎一九(じっぺんしゃいっく)、志賀 直哉(しがなおや)、松尾 芭蕉(まつお ばしょう)などの日本を代表する文人が訪れていたことが分かる。

文学のこみち

 

一句読んで投句してみよう!

文学のこみちで一句

 

文学のこみち優秀賞!

 

文学に浸りつつ、ワンコにとっては楽しいお散歩コースが続く!

文学のこみち

 

文学のこみち

 

戦火を逃れた尾道にはお寺が多く残っている。中でも有名なのはやはり「千光寺」ただし、残念ながらペットは入れないのだ(涙)。

千光寺

 

千光寺は大同元年(806年)に創建された由緒あるお寺。朱塗りの本堂「赤堂」や「鐘楼」はこのお寺のシンボル的存在で、除夜の鐘や初詣のスポットとしても有名だ。

 

境内には「玉の岩」という巨石がある。

千光寺

 

夕暮れに瀬戸内海に沈む夕陽は、息をのむほどの美しさだ。

千光寺公園からの夕陽

 

そして千光寺公園には「猫の細道」がある。猫が多いことでも有名。

尾道のネコちゃん

 

人懐っこいので、猫好きにはたまらない。

人懐っこい尾道のネコちゃん

 

まとめ

尾道の千光寺公園は、高台から瀬戸内海を綺麗に見渡すことが出来る。

美術館やお寺、そして文学のこみちなどもあり、とても情緒あふれる公園だった。

この公園は、「さくらの名所100選」「夜景100選」にも選ばれており、写真映えするスポットが点在している。

 

もちろん、ワンコのお散歩にも最適のコース!ぜひ愛犬とともに訪れていただきたい。

 

 

 

スポンサーリンク