スポンサーリンク

ペットと海水浴を初体験!

 

 

こちら↓の記事でご紹介したように、

「今年は、のんと川遊びと海水浴にもチャレンジするのだ!」

と張りきってライフジャケットを購入した。

 

 

実は、水が苦手なわが家のワンコ。何とか少しづつ水に慣れてくれないかな。

水が好きになれば、夏は身体を冷やす暑さ対策にもなるし、冬は温泉でほっこりできるのに(自宅のお風呂は大丈夫)。

 

犬は、本来水遊びが好きな動物のはずなのだが・・・。

特にプードルはもともと狩猟犬だから、泳ぎは大得意のはず。

 

おとんおとん

気持ちいいよ~、それでも嫌い?

ノンノン

水、嫌い!

 

ともあれ、今年はおニューのライフジャケットとワンタッチテントをデビューさせたくて、日本海へ出かけてきた。

行き先は、兵庫県竹野町の「竹野浜海水浴場」

そのお隣の入り江の「青井浜海水浴場」は、ワンコ大歓迎、いやそれどころか犬同伴でないと入れない「ワンワンビーチ」。こちらも後で紹介するね。

 

*今回は海水浴場開設期間外だったが、夏の遊泳シーズンは「犬の立ち入り禁止」となるビーチが多い。「同伴不可」となっていないか海岸の禁止事項を確認し、もちろん排泄はビーチ外で済ませよう。

海水浴場の開場期間は、「竹野浜海水浴場」ではなく、隣の「青井浜ワンワンビーチ」を利用しよう。

 

竹野浜海水浴場

住所・アクセス



大阪からは、高速道路(中国自動車道~舞鶴若狭道~北近畿豊岡道)を経由して、「日高神鍋高原IC」を降りた後、一般道を北上。

所要時間は大阪から約3時間(途中休憩含む)なので、早起きして出かければ、お昼までにはビーチに到着できる。

 

駐車場:普通車・軽自動車:1,500円
開場期間:7月1日(土)~8月27日(日)(2017年度)

 

竹野浜は、規模の大きい海水浴場で、関西では人気のビーチ。

そのポイントは「水質の良さ」。環境省の水質調査でも最高ランクの「水質AA」を認定されているのだ。

海上アスレチックや花火大会なども開催されていて、特に子供たちには大人気のようだ。

ワンタッチテントに初チャレンジ

わたしたち一行が訪れたのは実は8月31日(ホテルの予約の関係でこの日しか来れなかったのだ)。

アスレチックや海の家は撤去済みだったけど、綺麗な海は健在。そして波も穏やかだ。

ただ一つ心配なのはクラゲかな?

 

浜辺では家族連れよりも、カップルや若者グループ客が目立つ。

 

海沿いのお店(ただいま店じまい中)

 

ビーチで遊ぶ若者たち

 

砂浜は約1キロ広がっているので、他の客の迷惑にならないように、一番端の人気の無いところでワンタッチテントデビュー。

キャンパーズコレクションの「ワンタッチテント」は、色も何種類かあり、ボーダーや山柄も可愛かったが、ここはやっぱりブルーの海柄。

 

 

 

 

「ワンタッチ」という名前どおり、広げると同時にバーッと勝手に広がり、一瞬で完成。

 

おとんおとん

コールマンのテントと全然違う!早くて感動!

 

ちなみにコールマンのテントもお気に入り。

 

コールマンのテント

 

ただ、この日は遠くの台風の影響で、海からの北風が吹いており、ペグを刺しても砂浜なので吹き飛ばされそうになる。

ペグの向きを変えたり、テントの中に潜り込んで荷物を置いて、ようやく落ち着く。

今後のために、丈夫なペグを用意しておいた方がよいかも。

 

オトン特製のキーマカレー

 

おとん手製のキーマカレーランチを広げて少し遅いランチタイム。

心地良い海風の中、キレイな海を眺めつつ食べるランチは格別の味。

「料理の腕前が上がったのでは?」と錯覚してしまう。(笑)

 

そして、いよいよ今回のメインテーマであるワンコの海水浴デビュー。

スポンサーリンク

ライフジャケットを身につけていざ海辺へ!

海を珍しそうに眺めながらトコトコ付いてきたものの、さあ水辺というところで、ぱたっと足が止まる。

 

脚が固まるノン

 

むりやり抱き上げて、波打ち際へ連れてきたが、数秒ほど固まった後に、波にあわてて砂浜へ逃げていった。

その後も餌をおとりにして、少しずつ水に近づけたが、波が来て足が少し濡れるだけで逃げていく始末。

 

おかんおかん

みなさまのワンコは泳ぎは得意かな?

我が家の愛犬は、水遊びを楽しむまで、もう少し時間と練習が必要みたい。

 

本日はここまで?

 

ただ、ノンは広い砂浜の臭いを嗅ぎながら歩き回って、どうやらこちらの方がご満悦のようだ。

そんな遊びをしたり、読書をしたり、お昼寝したりと2時間ほど海を満喫。

 

さて、簡易テントは上で書いたように簡単に設置できたが、後片付けも同じくカンタン。

最初は少し迷ったけど、両端を持ってねじりながら押すとクルリと円形にまとまってくれた。

 

サイズは小さめなので大人2人が寝転がると少し狭いが、休憩するには十分な広さ。

直射日光を浴びる真夏なら、人間も犬も「日焼け」と「熱中症」を避けるために必須アイテムだろう。

それに何といっても扱い方が簡単なので初心者でも安心。

あとは丈夫なペグと、下に敷くものがあれば、さらに快適なスペースを作れそうだ。

 

遊んでいる間、ご近所の飼い主さんたちのお散歩タイムに突入した。

海水浴シーズンに限らず、毎日美しい海を見ながら散歩できるのは最高の環境だ。

お楽しみポイント

開設中の竹野浜海水浴場は、次のようなお楽しみが盛りだくさん。

機会があれば、ぜひチャレンジしていただきたい。

● ジオカヌー (温泉付き)

海上からカヌーに乗って、竹野海岸独特の絶景を見るツアー。

ツアー後には竹野温泉「誕生の湯」の入浴がセットになっている。

所要時間:約1時間30分
定員:1回8人
料金:5,000円
受付:北前館など(午前9:00 ~午後5:00)

● 水圧で空を飛ぶ「フライボード」

ジェットスキーの水圧を利用し水面を飛び回れる体験ツアー。

10~15分程度練習すれば、誰でも飛ぶことができるらしいが、少し勇気が要りそうだ。

体験時間、料金:初回体験コース 25分 6,500円(税抜)
受付:弁天浜キャンプ場

● 水圧で空を飛ぶ「ジェットパック」

背中側のジェットスキーの水圧を利用し水面を飛び回る体験ツアー。

これも少し勇気が要りそうだ。

体験時間、料金:初回体験コース 15分 7,500円(税抜)
受付:弁天浜キャンプ場

● 海キャブ

地元の漁師さんの船を貸し切って美しい竹野海岸を海上観光するクルージングツアー。

料 金:一人1,500円
受 付:北前館(午前9:00 ~ 午後5:00)

● ジオダイビング (温泉付き)

持ち物は海水浴セットだけでOKの10歳からできる体験ダイビングツアー。

ツアー後には竹野温泉「誕生の湯」の入浴がセットになっている。

料金:水中の時間が短いコース 10,800円
水中の時間が長いコース 13,000円
受付:北前館(午前9:00 ~ 午後5:00)

青井浜ワンワンビーチを探検

さて、気になるのが「ワンワンビーチ」。



<駐車場>普通車・軽自動車:1,000円(更衣室・休憩所付)

<開場期間>2017年度:7月8日(土)~8月27日(日)

<利用料>犬1頭 1,000円(温泉・ドライヤー付)

<主な注意事項>

  • 犬以外のペットとの利用はNG
  • 発情期の♀犬と病気の犬はNG
  • 予防接種(狂犬病など)を1年以内に受けている
  • ライフジャケットを着用
  • ビーチパラソル、テント(小)はOK

 

「青井浜ワンワンビーチ」には、今年はなんと2000匹も訪れたみたいだ。

新たに始まった「カヌー体験コース」も大人気だった模様。

ノンは宮古島でカヌーは体験済みなので、たぶんこっちは大丈夫。

<カヌー体験コース>

人1名+犬1頭 3,000円(2頭の場合は、+1,000円)
※カヌー1艇につき犬1頭
小型犬(ライフジャケットサイズ1号〜5号)の場合2頭まで乗艇可
※人用ライフジャケット付

 

青井浜わんわんビーチ

 

わたしたちが訪れた8月31日はビーチに人影はゼロ。

海水の美しさはやっぱりピカイチ。

最後に

今回は8月31日に訪れたので、残念ながらクローズした27日から4日後の訪問となってしまった。

オカンも海の中でクラゲに噛まれるという事件が!

やっぱりお盆過ぎの海水浴はキケンかな(笑)。

 

犬専用の「ワンワンビーチ」は関西では多分ここだけだ。

単に犬が立入りOKというだけではなく、犬同伴が「必須」なのが嬉しいところ。

周りに遠慮することなく、堂々とワンコと一緒に海を楽しめ、ワンコのお友達もできるかも。

 

 

おかんおかん

来年までに水を克服して、再チャレンジね!

 

 

スポンサーリンク